SO WHATブログ

わが人生の春を待機するも早数十年・経過…気楽で軽やかに生きていきます

すぷりんぐ・はず・かむ

えーとわが人生の春よいずこ(足かけ20年来、筋金入りのわが常套句)。ということで4月が訪れました。

昨日の朝、通勤中に桜を見ながら電車に揺られていると、次の到着駅のアナウンスの際に『今日から新社会人になられたお客様、おめでとうございます。気を付けて行ってらっしゃい』との素敵な声の車掌さんからの予期せぬアナウンスが。

何かと殺伐としがちな通勤電車の中。いいねぇこういうアドリブ!どんどんやれー\(^o^)/と思っておりました。個人的には、さほど聞き取りやすくもない英語のアナウンスよりも(何せ首都圏の電車であれば、今や各社ドアの上にたいがいある電光掲示板に英・中・韓での駅名表記が出るもので…)、この手のアナウンスが多いといいのになぁ…としみじみしつつ、車窓からの景色を眺めていた者です。

当方さっさと出勤・さっさと退社を信条としているデスクワークOLなもので、まだ新社会人が大量発生しているさまを街中ではお見かけしていません。…が、『うっわ!この子たちが生まれた頃って一体わたしいくつよ…ていうかそれついこの前じゃん!!』と、年々その驚きの度合いも増すというもの。いよいよ『ねぇ、親御さんはおいくつなの…?』と、これまでさんざん自分が言われてきた事をいよいよ若者に問う日も、そう遠くはないことでありましょう。

さて。これからしばらくの間、特に繁華街に近いターミナル駅付近では何かっちゃーハイテンション・何かっちゃー徒党を組んで行動する若者であふれることでしょう。

しばしば『電車で大騒ぎしやがって…』『地下鉄のホームで乗り降りする場所にワイワイたむろすんなっつーの!ガキャー!』などと内心毒づいたりもするものですが、彼らはおそらく群集心理であの手のハイテンションと化す(と信じたい…)わけであって、決して単独行動の場においてはそこまでハシャギまくったりなどしないでしょう。

というのも毎年この時期、サマにならないペラッペラのスーツに野暮ったい小物(うっ…ひどい描写…)姿で、駅をうつむきながらひとりで歩く若者を見ると、『最初からすべてが思い通りになんていかないんだから、とりあえず毎日出社しときゃーいいワケよ!挨拶だけはきちんとしておけばOK!』とその背中に思ったり。もはや母心に近い事にわれながら驚くばかり。

…ただし、うつむきがちに歩く姿は哀愁が漂う…などとも形容できますがね(※注:個人の感想です)、くれっぐれも前を見て歩いてくれよ。歩きスマホなど言語道断、100年どころか10億年ぐらい早いね!せいぜい駆け込み乗車のひとにぶつかられて液晶割るのがオチですわ。んでね、電車内では吊革につかまり、座っている人の足にガシガシ凶器と化したバッグを当てないよう、大いに目の前の網棚使おっか。

っつーかその手の最低限の公共の場におけるマナー、自分で気付いたりできないならば、学校なり企業なり4月頭のオリエンテーションでやってほしいよ!

あ、大半のひとにとって御用達・LINEニュースで流して啓蒙するってのはいかがでしょうか。非常に良いアイディアだと思うのですが(なにぶんわたし利用していないので、とうの昔にやってたらサーセンね)!

いけない、車掌さんの素敵なアドリブエピソードから大幅に着地点がずれました。

決して若者だけでなく、わたしのような中年の身であっても、春ってだけで何か少しでも目新しくよいことが訪れる予感…そんな気持ちになりたいものですね。…さってっと、お肌のダメージ修復のためにもこのへんで寝ます。おやすみなさいzzz(って切り替え早っ!)