SO WHATブログ

わが人生の春を待機するも早数十年・経過…気楽で軽やかに生きていきます

寝装具×パジャマのベストマッチ模索中

ここのところ猛烈に蒸し暑いのは気のせいですか??紫外線がちょっと強烈すぎやしませんか??と問うたところで当たり前よ。だって6月だものね…。

2020年も半分が経過。何事もなければ、わたしゃ今頃は毎年ほぼ恒例・梅雨明け直前の沖縄へ飛んでいたってのに…。何なら春のハワイ島帰りで夏先取りもいいところ、お肌コンガリ★弾丸国内旅行は毎月したるわ\(^o^)/などと浮かれまくった計画すら年初にはありましたっけ…orz

延々嘆いていても過ぎ去った時を戻すすべなどありゃしません。今現在の自分ができる事をただ誠実にひたすらやって、目に見えないウィルスと対峙するしかないのでしょう。

…と、わたしにしちゃー前置きが珍しく軽めシリアスチックになりましたが、目下の悩みは何着て寝るのか問題なんすね。ってわれながらこの落差よ…。

何せ夏物パジャマには少々早すぎるし、かといって春物のままでは蒸し風呂状態。

おまけにわが奥義・官足法を足裏にカマした夜など、終了後スヤァ…zzzと即・眠りに落ちるも、とんでもない大量発汗により夜中に目が覚めることもしばしば。翌日の眠気と並ぶ官足法・不思議のひとつです。

”眠る時は頭寒足熱がよろし”と存じてはおります。ところがそう仰られましても、軽装で肩が冷えると良くない気がして羽毛布団かける⇒やっぱり発汗⇒場合によっちゃ寝冷えで風邪罹患の元凶たりうる…と。このスパイラル、一体どうしたらいいワケ…?!

形にはこだわりなし!ですが、素材は自然由来のものがわたしにとってはベスト!ということだけは身をもって実証済。毎日シルクの寝具利用なりパジャマ着用が難しいなら、基本コットンに夏場は麻混、冬場はウール混で十分。特にパイル地には目がありません。とにかく化学繊維は夏暑く冬寒い上、とどめに寝汗が蒸発しづらいのでわたしには不向きのようです。

ここ数年はマイ・ベスト枕探しも混沌を極めているってのに、ここにきていよいよ寝具やらパジャマまでも…?考え始めるとめまいというか睡魔に襲われそうなので、ちょっと両目を閉じ、体を水平に横たえつつ思案したいところ。←枕も寝具も大して影響なく、コテッと眠れる疑惑…\(^o^)/