SO WHATブログ

何の因果か人生の春がいっこうに訪れない日々の記録になります

明けましたねっ2021年\(^o^)/

COVID-19が猛威を振るいまくる中、割と年の瀬まで職場との接続を余儀なくされていたという、令和の世における女工哀史です。謎だ…謎過ぎる…世論っていうかそもそも、世界情勢ってものを知らねーのか?どんだけビジネスセンスねーんだ??せいぜい因果応報ってものを、そう遠くない未来に思い知るがいいさ…(黒い微笑)!

…いっけない、これでは素晴らしい新年1つ目のポストが、うっかりダークネス極めた怨嗟ブログになりそうではありませんか。気を取り直して書いてみます:

◆2020年12月30日(水):

祝・ようやくの年末年始オフ初日。しかし、この日のわたしには寝坊できない理由がありました。伸びに伸び切ったブリーチドヘアーをなんとかせにゃあ!と朝イチで年内最終営業日・美容院へと駆け込み。今回も『前髪作っても遠野なぎこ方面に寄らなければOK!』と極めてニッチな希望だけをお伝えして美容師さんがひとしきり爆笑した後、完全お任せ。ブリーチした後でこれまたお任せのカラーを乗せ、ザックザク切られる。

尚、ブリーチ後は日々ののホームケアがものをいいますね。わたしは自他ともに認める、ムラシャンやらカラートリートメントを試しまくり!のヲタ気質発動: 

lab619.hatenablog.comlab619.hatenablog.com

次に試すのはこれだなー、モロッカンオイルのエキゾチックで濃厚な香りもかねてより大好きなので、是非このマスクもあの独特な良い香りだといいなー♡!:

www.moroccanoil.com

◆2020年12月31日(木):

目覚ましをかけずにグーグー惰眠をむさぼり、起床。目覚めて窓の外を見ると、極寒ながら清々しい晴天!”あっ、これはHさんのところへ行かないと!”と脳天に打たれたような気持ちに。Hさんとはわたしが社会人として初めて働き始めた頃の上司で、残念ながら15年ほど前、鬼籍に入られた方。彼が眠るお墓へしばらく足を運べていなかったため、年の瀬のお墓参りをすることに。

その職場における名物的存在だった彼のもとに配属されるも、当時は働くこと自体をナメくさってた20歳そこそこのコムスメ(※旧姓:わたし)。月日は流れ、今や堂々のオツボネですわ。しっかしあの野犬(←笑)が、まさか細々なりともオフィスワークをやっているとは人生わからないものです。きっと上司も驚きつつ、とても喜んでくださっているはず。

晦日に霊園へ向かうことは初めてだったのですが、意外や意外、結構多くの方々がいらして、上司のお墓の両隣のお墓にも新しいお花とお線香がお供えされているではありませんか。今年こんな状況下だからなのかな?

モダンな庭園に眠る上司のお墓を磨き、周りのお掃除をしたのち、持参した一対のカラフルな仏花をお供えし、お線香でモックモクの中、久々のご挨拶と日頃の御礼を。

そして何よりも、わたしの心には今でもHさんは変わらずにずーっとあの当時のお姿で生き続けていらっしゃいます!ありがとうございます!と、頭上の空に最上級のラブを飛ばすようにお祈り。

ちょうど墓石を真正面にする形でベンチがあるので、そこに腰かけて過ぎゆく2020年、そして来たる2021年へと思いを馳せつつ、上司へ超~一方的ながら心の中で話しかけまくる。周りの家族連れは墓石の前に腰かけたまま、涙こそ流さないものの神妙な面持ちで一点集中、微動だにせず、ブツブツ何か口にしてるっぽい危なげな中年女…を遠巻きになさっていました(マジっす)。当方いたって平常心でーす、どうぞお気になさらないでくださいませ♡←やー気にするよなフツー\(^o^)/ 

◆2021年1月1日(金):

謹賀新年\(^o^)/なんと0時にはサッサと就寝!という未だかつてない大晦日からの元旦の過ごし方よ。 

しっかし、元旦のメイン各局・テレビ番組って絶望的に何もやってないのね。特に夜のいわゆるゴールデンタイム。芸人さんの沖縄冬休みとか、何が悲しゅうて元旦から一体どなたがご覧になるのでしょう(笑)。ご家族とか熱狂的なファン向け…?大衆向けになど作っちゃいないよね?いささかニッチの度が過ぎますわ…。

番組欄見ただけで視聴意欲など根こそぎ持ってかれ、胸やけ起こしそうでしたわ。あのメンツってそんなに人気者なの?!内輪のお話なら公共の電波に乗せずとも…あ、スポンサー堂々ついてますものね。不思議…。んな番組作らずとも、他に楽しい番組企画、いくらでもできるんじゃないの?と滅多に観ないテレビを前にめまいが。

…あ、夕方の”さんタク”生放送もちょっとだけ観てみました(ああ暇人と笑いたきゃ笑ってくれて構わくてよ!おとなしく家にいたっつーのよ!)。

何はさておき、爆笑問題の田中さんが一番マトモかつ生放送でも変わらないんだなーというのが印象的でした(笑)。んで、例の電撃退所劇すらなければ、きっとゲストの亀梨君の隣には山Pもいたのであろうね、とか、キムタクさんのリアクションを拝見するかぎり、未だ若者に面と向かっては慕われ慣れてないのかしら…?とか、お茶の間からいらぬ心配をしそうになったものです。

さんまさんはね、聞きたくない話は聞かず、終始しゃべりまくりで基本に忠実、ブレませんよね一切。序盤、キムタクの配偶者の声色をまねて再現していらしたのは見逃さなくて良かったー、ミラクルひかるさんの十八番に次ぐ秀逸な一芸でした(隣に座るその夫の薄いリアクションよ…哀)。

そりゃ家族ぐるみのお付き合い、ご親戚みたいなものだからできる芸当なのね。でも内輪話はそろそろYoutubeあたりでファン向けに発信して頂いても…と、ここでもうっすらテレビ制作側と世間の乖離を感じたのでした。”年末年始のテレビが楽しみだなー”って無邪気に思えていたのは、一体どのぐらい昔の事だったのかな。遠くまできちまったもんだぜ。

◆2020年1月2日(土):

兄弟一家が訪問。わが”スーパーファミコンミニ”が火を噴きまくり・ストⅡ大会となる。 

lab619.hatenablog.com

いやー昔取った杵柄を遺憾なく発揮。当時ベガの”サイコクラッシャーアタック”でいわゆるハメ技を連発した卑怯な野郎は、今でもピンチになれば子供相手だろうとその技を大人げなく活用。半べそかく小学生は、過去のヤツの姿を見るようで愉快でした(笑)。

はたまた、波動拳連発からの昇竜拳竜巻旋風脚を巧みに使い分け、こっちがピヨピヨ状態になればすかさず地獄車で投げれば一丁上がり!のリュウ&ケン使いのセミプロ。挙句、ダルシムのテレポーテーション(だっけ?空飛んだかと思ったら消えてイキナリ背後に来る超やっばい技!笑)すら使いこなす30代には、当時は互角に戦っていたわたし自身が信じられないほどの、歴然の差よ…!

”こりゃもうダメだわ…”ガックリうなだれつつ、おなじみのスーパーファミコンのコントローラーを静かにテーブルの上に置いたのでした。

◆2021年1月3日(日):

わが初夢!外国人が沢山出てきた夢でした。知らない若者女子からパーティーに呼ばれて(←この時点でもう夢だわよ)、薄暗いバーカウンターみたいなところで面識のない皆さんとワイワイ楽しく話していたのは、よほど年末クラブ活動をしたかったことの現れなのでしょうね(笑)。

その後、場面が切り替わって4車線ぐらいある広ーい道を運転するわたし。じきに右折しようと少し前から右折レーンで待機する。無事右折後には突き当たりに大きな駅があり、わたしの行きたい場所に直行の電車が出るみたいよ!と知る。

乗っていた車をそのまま乗り捨てたのか(CIAのスパイかい\(^o^)/爆)次のシーンは駅のホームで目的の電車に乗り込む夢。ホームに向かうまでは猛ダッシュしまくりの人たちもいて、後ろから怒号やおじさんのボヤキなどが聞こえてきましたが(どんなスパイ超大作よ\(^o^)/)、わたしは一切振り返らずに悠々と目的の電車に乗り込み、そこで目が覚めたのでした。幸先良いってことかしらんー☆彡←いやいや、ちったぁ周りを見て急げって意味?!笑

…こうして我がお正月は過ぎていくのでありました。何はさておき、今年も心身健康が大前提。引き続きの良き年となりますように☆彡