SO WHATブログ

わが人生の春を待機し続け早数十年・経過…気楽で軽やかに生きていきます

とうとう我が家もつかの間の異空間に

リモートワークが残り数日と迫った、とある日。何せその日は遺憾も遺憾、わが職場からうがった要約をいたしますと”家族たるもの、毎日顔を合わせにゃあなるまいよ!皆会いたくて仕方なかっただろ?よってオフィスでの勤務を全力で推奨、元気やる気井脇(©ノブ姉・珠玉の名キャッチコピー)!満員電車?東京アラート??一体そりゃ何のことだいHAHAHA…”的、わたしの言語化能力を根こそぎ奪い尽くす悲報が舞い込んだのです。

サーセン井脇ノブ子御大のくだり、行間にわたしが足しました。舞い込んだ悲報、そして御大のお姿があまりにも衝撃だったもので何卒よしなに…

もうね、このレベルまで来ちゃうと、懐メロを口ずさむ…っつーか思いっきり歌いながらラップトップに向かったり、かわいこちゃんにワーキャーする気すらパッタリと起きない。何せ驚きの度が過ぎて絶句の極み、声帯をやられてしまったのですからね…。

しかし起きている間、特に仕事中に無音でいると、夜な夜な墓場…じゃなかった自宅で運動会状態・アパート真上のハイマーな老害(※前々回の怨嗟日記をご参照されたし)の生活音が、頭蓋骨まで響いてくるようで腹立ってきて仕方ないんだわ。

そんな時にHIPHOPをガンガン聴いた日にゃー、わたしの性格だとかえってアウトレイジャスになりがち。頭髪が金髪と化しすべて逆立ちそうになるので。

”いけない…心に何か少しでも静寂を…”とドラクエのオーケストラBGMをYoutubeで聴いていた時”あなたへのおすすめ”と出てきたのがカラヤン

いくらとうの昔、小学生時代にクラシックとは遠ざかってしまったわたしでも記憶にあるお名前よ!で、おすすめされるがまま聴いてみたのです:

www.youtube.com

まーぁ不思議。はかどるのなんのって!!おまけに仕事の駄メール…じゃなくてヨタ話…でもなかった、続々と舞い込んでくるトンチキな質問メールに対しても多少の(※くれぐれも注:あくまでも多少ね!)心のゆとりを持って返信できたではありませんか。ちょっとねぇ一体、コレ何の魔法なのかな!?!\(^o^)/

おまけに階上の老害住人の騒音もカモフラージュされ、そこまで(※当社比)気にならない、いーいさじ加減。アルファー波が出てるってこういう事!?

カラヤン続きでこちらも試してみたのですが、純日本家屋が大聖堂と化します。しかしながら個人的な感想を申し上げますと、お歌が頭の中でちと考えの邪魔をする(家族談:歌あってのレクイエム!!):

www.youtube.com

おまけにドラマティックなお歌の効果か何なのか”上の老害の運動会マジうるっせーな…まとめて冥府に送ったろか”みたいな気にすらなってくる。ある意味で真の鎮魂歌になりかねないので、結局のところ前述の”モルダウ”か、別途”あなたへのおすすめ”で出てきたこちらで”所詮は小物相手よ…”的、気分の落ち着かせ方をしました:

www.youtube.com

うーんこりゃいい!って、結局こちら寄りに着地しがちなのが我ながら何と申しましょうか。

最後はちょいクラシックからそれますが、”ロード・オブ・ザ・リング”ファンとしてはホビット庄出発からこのシーン、あの名場面までたまらないBGMへと:

www.youtube.com

映画観たい衝動に駆られてしまうのが難点。とにかく三部作は長丁場ですからね、心してみないと。

結論:とにかく”モルダウ”が今んとこ最高によいです。

主張をする派VSしない派

突然ですがコンビニはローソン派です。

発売当初より”からあげクン”を愛していることと、近頃店舗数が少なくなってきたような気がするものの、ナチュラルローソンのコンセプトが好き。そしてPontaカードが”じゃらん”や”Hotpepper Beauty”など、時々利用するサイトのポイントと連動していることを知ってから、さらに推し度が強まりました。

ネットのニュースを見ていた時、たまたま目に飛び込んできたこちらのニュース:

togetter.com

プライベートブランドの食料品や飲料、日用品のパッケージがちょいファンシーかつごくシンプルに、という雰囲気。コンビニ界の雄・セブンイレブンが対照的にドドンと商品名をわかりやすい極太フォントで打ち出しているのと真逆を行く試み:

togetter.com

まだどちらも実物を手に取ってはいませんが、第一印象”ローソン、斬新で…!悪くないんじゃないの…?”とわたしは思いました。両社が両極を行けばおのずと差別化もされますし。

願わくばローソン、個人的にはもう少しファンシー度といいますか、漂う女性的な雰囲気を押さえても良かったかもしれません。無印良品寄りに寄せるというか…あ、だけどそうすると売り場が去年までのファミリーマートと化してしまうのか??あああ難しい…!

仮に自分が日本語がわからなかったら、中に何が入っているか一目瞭然のセブンイレブンの方を重宝するだろうなぁ。何せリニューアル後のパッケージ、視認性がさらに突き抜けまくってどうかしてる域だもの(※注:良い意味で!笑)。

食べ物なら器に移したりグラスに注いだりするので、どちらでも中身さえおいしければ問題なかろうよ…と思ってしまう現金さよ(笑)。

ただ、洗剤などの日用品のパッケージは本当に主張が少なくシンプルなものが好みではあります。ここしばらく使い続けているシャンプーも、アロマの素晴らしさだけでなくパッケージもシンプルで秀逸なのです: 

lab619.hatenablog.co

安野モヨコ先生が昔、大人気だった”美人画報”エッセイの中で”洗剤とか日用品、もうちょっとパッケージに効能や成分などの主張が少なく、棚にそのまま置いておけるような、かといってファンシーではないシンプルなデザインにできないものか…”という趣旨のコメントをされていらしたことを覚えています。

それが20年ほど経ってこのたびのローソンかもね…と思うと感慨深いです:

www.nendo.jp

わたしの理想に最も近いのはこれぐらいのシンプルさで十分なのだけども…:

www.yashinomi.jp

まずは現物見にゃあ。お昼からあげクン(レッド!)食べるかね←思うつぼだよ\(^o^)/ 

悪態つくのが鎮痛効果だと…??

ノッケから浅香光代大先生口調になりました。あの独特な口調を、連日ブラウン管経由でお茶の間にぶちカマし続けたお姿よ。若者はご存知ないことでありましょう。が、そう言いたくもなる記事を目にいたしましたもので:

tocana.jp

これ本当だったら…(←未だ半信半疑\(^o^)/爆)結構すごくないすか?!日常におけるさまざまな怨嗟の類も、言語化さえすれば少しばかり軽減されるとは。

実際の痛みこそないものの、タイムリーにFワードを口にしそうになる、個人的な理由があるのです。目下悩まされているのは、アパート真上のAround後期高齢者の老夫婦+大型犬(!)1匹。とにかくドタバタうるっっっっっさい!!!!!ちょっとやそっとの地震が来ても気付かないほどのデシベル数。

もちろんこちらとて、残念ながら瀟洒な低層マンションに住んでいる身分ではございません。ある程度はお互い様♡と重々理解しております。と申しましたところで、鬼でも夜叉でもないものの、仏の顔もなんとやら。

そもそも犬の飼育を禁止されている住宅で共用部分における堂々の散歩をなさる(!)あたり、スーパー残念賞ではございます…が、忘れもしない今年の元旦当日、深夜の11PM過ぎ(!)にガーガー掃除機かけ始めた時にゃーさすがに意を決して階上へ足を運び、全身全霊で丁重にブチギレましたとも。長いOL生活で会得した慇懃無礼さ加減&オリハルコン製のメンタリティを同時に発動。

…ところが。ノーメイクのわたしを年若き娘さんとみなしたのか、ただ単に視神経までも末期的アレなのか(おそらく後者…)、ひとまずスミマセンでもなく、開口一番『んあぁ?!掃除機かけてんだよ掃除機を!』とのたまう、曲がりなりにもお正月とは到底思いがたい哀愁漂うお姿に対し、当方『理由など問うておりません、とにかくお静かに願います』と同じセリフを、DJスクラッチ練習のごとくひたすら連発。まだAIの方が他のコメントしたかもね…ぐらいの一字一句同じセリフを復唱し、釘を刺しに刺しまくってみた…ものの、共通するコミュニケーションツールを何ら持たなかったわけで…。

昨夜など1AM(むしろ今日だっつーの!怒)に駄犬が四本足でドッタンバッタン走り回る⇒老夫婦お揃いで盛大にドタバタ追いかけっこ(←足音でわかるほどよ…)なさり、”夜は墓場で運動会”の歌い継がれる名歌詞を地で行く感よ…。もはや百鬼夜行に近づいているような。

いやいやおちゃらけなどいられません。当方社会人ゆえ、睡眠時間は死活問題。安眠妨害された怒りの頂点により、ベッドの中で”いよいよタブーかつ最終手段の天井ドンって奥義を放つ日が来たか…”と一瞬頭をよぎったほど。

年金暮らしと思しき高齢者を、一体何が深夜のカロリー消費へと駆り立てるのでしょうか。心底摩訶不思議でならないのです。キャッシュこそアレだとて、彼らには時間こそ潤沢にありましょうや。その図体だけ無駄にデカい駄犬共々、日中気が済むまで外で転がりまわって、有り余っていらっしゃるご様子のエネルギーを存分に発散してくれよ…!頼むから夜はおとなしく床に入って、年長者然とお過ごしくだされや…。

『こっちが負担するの腹立つけど耳栓すれば?ノイズキャンセリングは??』と、心優しい友人からの助言も、試しましたとも…!そして見事に翌朝の目覚ましすら聞こえないほど、安眠の度を越して半・永眠。

週末で事なきをえたものの、こりゃあ定時もなにもあったもんじゃない、雇われ労働者にはちとまずい…と。そして今日も今日とて真上では昼夜問わず大運動会・開催中。

…そんなわけで前述のFワードを”これで気が済むならば…”とシャウトしまくりそうですが、それはそれでご近所迷惑になりかねませんし、品性すら疑われること必至。

ロバートソン氏は「悪態をつくことは間違いなく良いことだ」と断言しているほどだ。時と場所さえ選べば、有効に使ってみるのが良いだろう。

こちらは記事文末の面白すぎるコメント。えっ!?Fワード以外の日本語で直接的な罵り言葉も含まれていいのね…?果たして有効活用できますかどうか…!

TACO TUESDAY\(^o^)/

まずはお茶の話を。マイラブ♡マイクイーン\(^o^)/ことJ.Loがノンカフェイン生活を送っていると知るやいなや、ノンカフェイン飲料を購入した…という愚かな一般庶民です: 

lab619.hatenablog.com

チコリーもカフェインレスコーヒーも一通り試したものの、例の”STAY HOME”期間中はやっぱり伊藤園の緑茶ティーバッグばかりに手が伸びていました。

www.itoen.jp

だってやっぱり断然このティーバッグのお茶がおいしいし!熱い緑茶を一口飲めば”あんの野郎…イイ歳しておぼこい仕事しやがって…!”とか同僚に対するクサクサした気持ちがちょっと和らいだ気になったし!! 

唯一気になっていたのがお茶に含まれている成分:タンニンが時として鉄の吸収を妨げるそうで。でも、一般的に良い成分とされているカテキンとそれがニアリーイコールだったという驚愕よ。

何事もトゥーマッチはいけないっつーことですね…、と勝手に理解した気になって、このたび我が家のお茶のニューカマーを迎えたのです。

ルイボスティー(しかもチャイ!):

www.amazon.co.jp

これルイボスティーが苦手でなければ最高。大きなマグカップ三角錐ティーバッグをドボンと入れて熱湯⇒そのまま放置でおいしくいただけます。

唯一気になるのは歯への着色っぷり。特濃で飲んだ後には歯磨きを推奨。洗面台のシンクが白であればそこが赤っぽく染まり、びっくりすると思います。

◆マテ茶:

www.jp-greentea.co.jp

ローストタイプは飲んだことがあったので、ノンローストを選んでみました。なんつったって”飲むサラダ”よ。果たしてこれ以上のパワーワードがあろうか。

本場・南米メソッドに従って思いっきりお肉や揚げ物を食べる時に、これを食事のお供にし、あたかも体にいい事をした感に浸れるのが最高\(^o^)/

マテ茶からいよいよ表題へ。本日は火曜日ってことで、いつも食べたいけれどおいしいタコスが尚更食べたい…!何せメキシカンはわが五本の指に入る大好物。

幼少期に残念な料理を出し続けた実母が『我が家のおふくろの味!』と胸を張って出せるのがタコライス、という奇特な家で生まれ育ちましたもので、なおさらタコスは日常と共にあるのです。そりゃあもう、レブロン・ジェームズの次ぐらいに(←控えめに言いました♡)火力強めのタコス愛だよ:

www.youtube.com

こんな食欲まみれのラップ、そして秀逸すぎるPVをわたしは未だかつて知らない…\(^o^)/爆

Migosこだわりの(←爆)タコスを料理している画が最高!終盤、調味料よろしく札束(出た!)をサルサソースに入れているのも小技利かせまくりで見逃さなくてよ、すべてが大っ好き\(^o^)/あータコス食べたい。TACO TUESDAY\(^o^)/

木を見て森を見ず感

ちょうど”あららっ♡まーたMigosいいの出してるねー!”と連日エンドレスリピの最中、

www.youtube.com

ミネソタで起きた、目を覆いたくなるような事件の映像が世界中に拡散されて数日が経過。

”つーか一体いつまで同じ事が繰り返されるの…?!”と報道を目にして愕然・脱力…。

大昔と違って、現代では鮮明な動画で動かぬ証拠が残せます。だというのにこの有様よ…。件の警官、堂々の会話までカマしとるがな…一体何がここまでさせるのか?!これ見せられて何も思わないひと、果たして本当にいるの?!狂気しか感じないよ…。

けれども似たような事が多々起こりうる、そして”理不尽だ、どうして!?”と嘆いているのが、かのお国が抱える漆黒の闇なのでしょう。おまけに理由がただ単に肌の色やルックスっていう”んな事言われましてもねぇ…”と白目になりかけるほど、脳内ショートしているご様子なのもさらに頭痛くなる。

”こりゃー黙っちゃいないよね…”と主にラッパー界隈のツイートを見てみたら、やっぱり黙っちゃいませんわな:

www.revolt.tv

暴動になだれ込んでしまうと、分別と良識ある人々(※注:あえてこう称す)から『それでは本末転倒』だとか、やれキング牧師はかつてどうしていただとか(つーかその時代までさかのぼるって…今いったい何世紀よ、どんだけ根深いのよ!ってことだよ!?)、聖人君子然と机上の空論的な流れになって”ほーら見ろ、これだからおっかねーんだよな野蛮なアイツらは”と着地している印象。だからね、ソレ違うんだっつーの!!根本的な問題を見てよ!!

かつてハリケーンカトリーナの被害を受けた地域でも、スーパーマーケットに押し寄せる人々を肌の色によって”略奪”って報道したマスメディアもお見受けしましたから、毎度毎度のことでキレたくもなるよねそりゃあ。

けれど、やみくもにキレて野蛮だとレッテルを貼られてしまうような、その手の思うつぼになってはいけない!と考えたのでしょう、かねてよりトランプさんにガンギレモードのTさんことT.I.がこんなコメント&提案をなさっている模様:

www.complex.com

当然ながらこの呼びかけには”アジア系”も含まれていました。すなわち、日本人のわたしが今ポンとこのままかの地にいたとして、場合によっては見た目で差別の対象たりうるのですね。性悪説は極力考えたくないけれども、そう想像してみると、このタイプの事件の理不尽さがちょっと実感をもってわかるような気がしてきます。

なのにLAあたりの”高級ブティックで強奪が!”みたいなキャプションの報道を見てみたら、まんまと撮られた写真には非・アフリカ系と思しき人たちが店から出てくる場面で、これまたなんというかもう…。たまたま居合わせた”その場”だけを切り取るのが報道ですが、正義と中立というスタンスがいかに難しいことか。洋の東西を問わずそれを思い知らされますね…。

デモも、大半の人たちが暴徒化してパトカーに突っ込んでみたり、テレビカメラにメンチ切ってるわけではないでしょうし、対峙する警察官だって(そもそも彼らの中にも沢山の有色人種がいるでしょう!?)むやみやたらと特殊警棒を振り回しまくっているわけでもなさそう。

おそらく各地デモの大半は、大きな声や拳を上げながら行進していると思うのです。でもそれでは少々牧歌的過ぎてアツい報道にはならない。良くも悪くも火に油を注ぐという役割をマスメディアが担っているのでしょう。

だけれどあまりにも”はい?”と聞き返したくなるようなニュースが多すぎる。在米でもなく、かの地に縁もないわたしですらそう思うのだから、現実は想像をはるかに超える事は想像に難くない。

21世紀を迎えてもう20年。延々繰り返される様子を見ていると、”ひとの心は変えられないから、自分の心の持ちようを…”などと普段思っていることがとても空虚に感じられますよ…。

やっぱりガイルのBGMが好き

お恥ずかしながら、わたしがこの日記ブログを始めて間もない頃”ストⅡのBGMが好き!オーケストラVer.も素晴らしい!”と、哀しい思い出(?!)を含めて書き綴っていたのです: 

lab619.hatenablog.com

現在になってもやっぱりガイル面が至高…(震)!それどころか、日に日にガイルのBGMが頭から離れなくなるほど連日ガイルっております。われながら脳内の思考回路が完全に謎。

誰も好きこのんで揺られたくなどない、未だばりばりコロナの渦中にラッシュアワーでの出勤…そんな満員電車に乗り込むときの脳内BGMは、イントロから血沸き肉躍るガイル面一択:

www.youtube.com

続きまして、前述(※添付ブログ)のオーケストラ版に続くはジャズ版ですよ:

www.youtube.com

BGMの仕上がりこそ大変オシャレ、さすがニューヨーク\(^o^)/ですのに、まんまと左上の男性がドラゴンボールTをご着用でうっかり”わが同好の士よ!ワッツアップメン!”と駆け寄りたくなります(やめとけ)。

よくよく目を凝らして見てみますと左手前の男性など、ポケモン柄のキャップをかぶってらして…!こりゃガチ勢、筋金入りだわ…(震)!

オーケストラ、ファミコン、そしてジャズ版、と揃って各動画共にコメント欄も激アツで一見の価値ありです。特に英語版だと”アメリカ国歌に!”みたいな魂の雄叫びさえ散見され、PCに飲み物吹かないようにご注意を。

かえすがえすも、スーパーファミコンミニを”値下がりしたら買えばいっかー♪”と甘く見て、即座に購入しておかなかったわたしのバカ!!

まさか限定版だとは知らなかった…Nintendo Switchでダウンロードするようでは邪道、ダメなの。あのフォルムそしてコントローラーでなければ…!あああああ…orz

乱れに乱れまくったわが心を鎮めるべく、再びオーケストラ版を聴いてまいります。

敬虔な官足法信者ダイアリー

悲報・オブ・悲報…。リモートワーク、間もなく終了のお知らせ…。激鬱。何がイヤってただでさえ修羅の満員電車よ…。

予言いたしますがね、コロナのおかげで満員電車だというのに『マスクねーのか?あっち行け!』とか『近けーんだよ!チッ!』みたいな、悲哀に満ち満ちたキャンキャン吠えまくりの小競り合いがいたるところで勃発するものと。

自戒を込めて、心に思いやりという余裕を持ちたいものです…が、手元の小さな電子機器に頭の中が囚われ”自分こそが!自分だけが!!”、”自分を見て!!!”と、老いも若きも承認欲求が取り返しのつかないほどに肥大化してしまったこの世では、心の隙間(©喪黒福造)こそあれど、ゆとりを保つことなどなかなか難しいのかもしれません。っていうか満員電車も何も、ワクチンってさ、まだないんでしょう…?っていうそもそも論もあり、不安しかない。

…話を本題に戻します。このリモートワーク期間中、とある平日の朝、ハタと目が覚めて目覚まし時計を見たら”うわ!始業時間!”と昭和のマンガのように飛び起きたことをここに告白致します。リモートワーク中で事なきを得たよ、本当に…!

リモートワーク中に最も恩恵を受けたことといったら、とにかく睡眠時間が確保できたことです。次に前述の修羅の箱…じゃなかった、満員電車からの解放が続きます。正直に申し上げますと、今後もはや早起きしてまで超満員の通勤電車に乗る気になどさらさらなれないほど。

何せ、これまでは眠い目をこすりながら”脚がだるすぎる…睡眠時間を取るか、就寝直前の足裏マッサージを取るか…うわーん、自分がもう一人いたらいいのに…!”と迷う夜が多々ありました。←悩む時間あるならあきらめてサッサと寝んかい\(^o^)/爆 

lab619.hatenablog.com

何せ長年の官足法・信者と致しましては、極力毎日わが両の足裏をジャリジャリと押しつぶした方が良いのはバイブルにも記載があり、重々存じておりました。…が、両の瞼が勝手にシャッターガラガラガラ下がってくるような状態、1分1秒でも早く横になりたい!と思う夜も非常に多かったのです。実際、脚のむくみ対策には睡眠時間の確保も大切という実感もあり、このジレンマときたらもう。敬虔な信者にとっては耐え難いものが…!

それが現在、睡眠時間の確保と官足法マッサージ・継続という両輪がガッチリかみ合っているわけです。この高水準たるや、もしかするとわがOL生活で初めてのことかもしれません。

おかげさまで体調も高め安定をキープ中。しっかし、以前もこちらに記した通り、あくまでもわたしのケースですが、就寝直前に官足法を行うと、寝汗と翌日の眠気がどうにも尋常じゃない。

大量発汗により一度目覚めた後、スヤァ…zzz起床時間までたっぷりトータル8~9時間(!)確保しているのに、翌朝、爆音でセットした目覚まし時計の音がまるで聞こえないほどの深い眠りに落ちるって…効果ありすぎじゃなくって…?

引き続き検証を続けますが、世の官足法信者…もとい、ラバーズ(幾分ファンシーにしてみました♡)の皆様方におかれましては、このような症状(?)に見舞われていらっしゃるのでしょうか…?満員電車に乗車する鬱と混ざって、再び足裏を押したくなる5月の最終日です。

2020年5月:SO WHAT日記

ただただひっそり、粛々と過ごしておりました昨今です。このまま何事もなければ数年後”あの時わたし何をして何を考えていたのだっけー”などと思っていそうなので、わが日々を書き留めておくことにいたしました:

◆2020年5月某日:

祝・ドラクエ8クリア。ラプソーン戦で全員が杖に祈って、まずは結界を破ってからの闘い、何度プレイしてもドラマティックで良いですね。しかしその後に竜神族の里が待っているのを完全に放念していた…。主人公の出生の秘密に”確かにこんなストーリーだったわなー”とさらなる壮大なドラマで仰天。しっかし…ドラクエ5だけではなく今作においても、結婚という人生の一大イベントを疑似体験させてもらえることには感謝というべきであろうか。

◆2020年5月某日:

我が家の姪(7)が小学校に通えない日々に飽き飽きした結果、自宅の固定電話からどこかへ電話をかける…という新たな日課を見出した模様。

ヤツはわたしの事を”一体なぜ誰とも結婚していないのか?”、”なぜ自分の両親よりも年上なのに子供がいないのか?”と存在自体を常々不思議に思っており(そのたび該当者を質問攻めという処刑を下す…)、自分と同等、もしくはそれ以下とみなしている特捜もかくやの言動連発の女児。

そんな彼女の特捜手帳に記されているらしい電話番号の優先順位は、祖母携帯・祖父携帯・祖母自宅・どうしても緊急の要件がある場合(ま、ゆーても小学生女児のそれですね♡)のみ、伯母(わたし)携帯。

わたしにかけてくる時は悪態をつきたい時と決まっていて(嗚呼…)、先日など『もしもし、どうしたの?』とわたしが出るやいなや『あのねーメガネがヘン!コンタクトもヘン!きゃはは!!』とご挨拶代わりのラリアット。不意打ちもいいところだよ、電話越しに両目が飛び出しそうに…。

”じゃあド近眼のわたしに一体どうしろと…?”と思いつつも、『あはは!つーかそっちも髪型マジだっせーからお互い様!イモちゃん!あははは!!』と脊髄反射で迎撃をするやいなや(数十という年齢差も感じさせなく!そういうところがアレなんですね!)女児(7)はあまりの衝撃だったのか受話器を叩き置き、ガチャ切り(!)。とんでもないガキだ…と案じつつ思わず笑ってしまう。百年早えーよ\(^o^)/ 

彼女の両親からは『小さな子供相手によくもまぁ…』と呆れ半分のクレームが入ったものの、SO WHATとヒールに徹した次第。

◆2020年5月某日:

ずーっと前に頼んでいた本が数冊、忘れた頃わが手元に届く。Amazonの配送スピードに慣れてしまいがちだけれど、本来これが普通なんですね。むしろ便利な世の中になったものだ…とこの非常時下でしみじみ思う。

届いた本の中でも、安野モヨコ先生の”ANNORMAL”は永久保存版。願わくば”続・ハッピーマニア”の二話目も読みたかった…!!ま、お楽しみは又次の機会に取っておきましょう: 

lab619.hatenablog.com

安野先生の繊細な心、魂をすり減らしてわたしたち読者に届けたマンガ、そしてご自身の生い立ちなど余すことなくこちらの一冊に:

annormal.annomoyoco.com

いち安野ファンとしては男泣きにむせび泣き。 昔”情熱大陸”でご実家の多摩ニュータウンの近くを歩いていらした時、一体どんな思いだったのかと。想像しただけで涙が。庵野監督に巡り合えて本当に良かった…神様は見捨てちゃいなかったんだ、と(庵野監督の文がこれまたもう心に迫る…!)。

20年ほど前、安野先生が”美人画報”という面白すぎるエッセイを”VOCE”に連載していた頃、時折その紙面で”見ず知らずの人間に”アンパンマン”とか言われるのも…”と、中傷に対してやんわりと釘を刺していらしたのを覚えています。そして今の世の中になった、と。

このご本収録の”よみよま”でも当時どんな境遇そして心境で、魂削ってマンガを創り出していたのかがよーーーくわかりました。心身のバランスを崩してしまった先生が現在こうして新しい作品をわたしたちファンに届けてくださるその奇跡よ。

◆2020年5月某日:

リモートワーク生活も終わりを告げようとしているのに、婦人警官による取り締まりはエンドレス続行中。

…えっ、なんのことかって?朝な夕な、隣席の中年女性が超絶どうっっでもいいメールを律儀に投下なさり”リモート接続してんだろうな”、”外に遊びに行ってないだろうな”と、連日わたしへの抜き打ちテスト(by:Mりちゃん珠玉の比喩★)がご丁寧に行われているのであった。何度”御心配には及ばず自宅におりますんでね、固定電話にお電話頂いても結構ですが?”と打ち返そうとした事か…。

こりゃ満員電車が解消されないわけだわ本当に。リモートワーク中ならなおのこと、各々自分の仕事をこなして、プロセスじゃなくて結果を見れば何ら問題ないだろうよ…。んで、あのー、百歩譲ってもしもヨタ話したいなら、Facebookあたりでご友人とやってもらっていいかな…(微笑)?

当方どこにも出歩いちゃいないものの、手越に一抹のシンパシィすら。