SO WHATブログ

祝・脱厄年!アラフォーど真ん中・日々の記録です

脱・日中のくちびる砂漠化現象

買って良かったぁー\(^o^)/!ひっさびさに心からそう思えるカラーコスメが。

ここしばらくの間、”オペラ”というブランド(?)のリップをバラエティショップで良く見かけていました。なんと天下のVOGUEなどにも広告を出していたり、気合の入ったプロモーションだなぁ…と素人目にも思っていたのです。

ちょうどマットリップにはいい加減飽き飽きしてきて、グロッシーな口許にしたい気分でした。

マットタイプは落ちにくくて良いものの、”マットっつーかソレさぁ…単なるドライっすよね…?!”と、鏡の中の自分に言いたくなるほどの地割れ現象・多数発生。かといってグロスを過剰にヌラヌラさせたAround40っつーのも、ちょっとたいがいにした方が良さそうですし。

仕事中にメイク直しの意欲など底を尽きており(微笑)、せいぜいちゃちゃっとリップを塗るぐらい。その有様であればなおのこと、マットは回避したいのが本音です。

…で、グロッシータイプを探し始めた時に福音が☆!:

www.opera-net.jp細身のパッケージがグロッシー、より太いタイプのパッケージがティントもするタイプなのだそうで。前者にはラメ入りのタイプが多かったので、わたしは後者をチョイス。

そのティントタイプ。今までは”妙にペンキっぽいんだよなー”と抵抗感があったのに、これはまるで違う!とにもかくにもツヤ感☆!

また、ティント系にこれまたよくありがちな”貴女のくちびるの水分量とphで色が変わります!”感も、さほどない。その手の製品って、どこの会社のを使っても同じ色になるんだよねぇ…別に色など変わってくれなくても何ら問題ないんだけど…。

特筆すべきは、かの”キッカ”のメガヒットした口紅も真っ青なトランスルーセント感。おまけにお値段据え置きの千円台(!)。パッケージの若者感を差し引いたとしても十分ではありませんか。

わたしが買ったバラエティショップでは、売り場に”限定新色はお一人様3本まで”とサインが出ていた人気っぷりもうなずけます。

いいなぁ、今の若者って。ファッションだけでなくコスメもハイ&ローmixができるんだものね。 大昔の109系ファッションって、今になってよくよく考えてみれば暴利だよ…orz

さっそく周囲の友人に『これいいっ!』と回し者のごとく薦めまくっている週末なのでした。置きコスメとして常備しておいても良さそう。他の色も買ってみよーっと♡

オラおったまげたぞ(©ドラゴンボール)!!!

以前、職場付近のオアシスことお鮨屋さんにおける中年男性の振る舞いを嘆いたことがあります: lab619.hatenablog.com月日は流れ、ちょうど昨日は思いっきりフライングぎみの夏日でした。直射日光の照り返しがすさまじいオフィス街を本気(←マジ、とルビを振りたいです)ダッシュし、お店のカウンターに駆け込み着席。わたしが好きなネタだけでなく旬のネタも混ぜて握ってくれて、午前中までの瑣末なあれやこれやのストレスなど忘却の彼方に。いつだって好物は最も強力なカンフル剤!

玉子焼きまで出てきてそろそろ〆かな…という頃、カウンターの反対側・端にわたしぐらいの年齢に見える、共に妙に疲れた感じで覇気がない女性が二名来店しました。

オフィス街には珍しくカジュアルっちゃーカジュアルな、妙にぐでっとしたシルエット。職人さんへオーダーする様子も、なんだか微塵も生命力が感じられない。カジュアルな装いは良いとしても、時が止まったような着こなしには”アレ?日本人に見えたけど、アジア系の方なのかなぁ”、”あ、それか旅行中でお疲れなのかもねぇ”と一瞬思いつつ、最後に出された目の前の穴子を咀嚼するのに夢中だったのです。

食後のお茶が出て来て『アチチ』とか言いながら超満腹\(^o^)/のおなかを、ひとりさすっておりましたら…驚くべき光景が視界に飛び込んできました。

なななななななんと(←この書き方…もはや昭和の残党ですわ)、彼女たちときたらですよ、白木のカウンターに(!)ラップトップを置いて(!!)、そのラップトップを見ながらお鮨をつまもうとしていたのです(!!!!!)

再三の繰り返しとなりますが、その場は白木のカウンターのお鮨屋さん。いわゆるファーストフード店やカフェでもなければファミリーレストランでもありません。

奴ら(←以後この呼称にて!怒)と少し離れた席に一人で召し上がっていらした、常連さんと思しき品の良い老紳士も思いっきり眉をひそめている模様。

おかみさんなど『パソコンお預かりしますよ?!』と”貴様らに食わせる鮨などねぇ!おとといきやがれ!”感を全身で意思表示。”あわわわわ…湯飲みの中の煮え立ったお茶を頭からブチまけちゃうんじゃ?!”と、傍から見ているわたしの方が震え上がっていたぐらい、とうに臨界点超え・激ギレ状態なのがわかります。

なのにだのに…嗚呼。愚鈍が服を着ているような中年女二人組ときたら『え、あぁ?今これ必要なんでぇ』と、そこまでの怒りも微塵も気付いちゃーいない。何らおかまいなしでラップトップを二人の間のカウンター上に置きながら何かを話している…”慇懃無礼にひとこと注意してもよろしいかしら?”と、怒りにワナワナしつつ”のっぴきならない事情が…?”とひそかに耳をそばだててみますと…

『やっぱりプーケットがいいかなー?』

『この日出発だと安いおー?』

……………えっ……………はい??旅行の計画練ってるの???今ここで、ですか?!?!?!?

つーか、どこからどうコメントしたらいいのか全くわからない。奴らは生まれて初めてカウンターのお鮨屋さんへ来たのだろうか。あのきったねー(おっと失敬失敬♡だが事実である)、手垢まみれのラップトップを食べ物屋さん、しかも磨きに磨かれた白木のカウンターへ乗せるショートした神経構造とはこれいかに。それとも世の中には”ラップトップ持ち込み大歓迎!”という白木のカウンター店が多数存在しており、単にわたしが知らずにいただけだったのだろうか。終始スマホいじってるのだけでもどうかと思っていたのに、今やラップトップを飲食店のカウンターへ持ち込むのが現代日本社会では最先端カルチャーなのか…?ていうか服、サーカス団の曲芸師と見まごうトンチキっぷりだし、メイクも眉毛すら垢抜けてないイモ風情。←最後のコメント何ら関係なーい♡…が、どうしても吠えずにはおれなかった件\(^o^)/爆

極限までの怒りのあまり、すんでのところで戦闘民族・サイヤ人にまんまと転生してしまうところでした。

目の前で黙々とネタをさばいていた職人さんに『ここにある”携帯電話ご遠慮ください”っていう看板の隣に、ひとつ新しく追加した方がいいかもしれないですねっ♡』と話しかけると、苦笑しながらも力強くうなずいてくださる。磨き上げたカウンターをあんな不粋なボケどもに…心中お察しするよ…と、帰り際立ちあがる際にもう一発『来る店の格が違うっつーの』と独り言を装いつつ、職人さんの心中を言語化せずにはいられなかったわたし。

もはや般若と化したおかみさんと普段通りお会計のやり取りをしながら、『親の顔が見てみたいってこういう事なのよ!野暮なのはあの雰囲気だけにしておいてほしいわよねっ!』『とっとと帰ぇーんな!って塩まいてやって!』と腹話術をこれでもかと駆使してにこやかにディスりまくり。

お店を出て来たその後は、どんな場面が繰り広げられたのかはわかりませんが、本当ね、イイ歳した大人が…。その場にたまたま居合わせたひとの方を恥入らせるような事はご自重頂きたいものです。

…再びオフィスへの道を戻りつつ、暑さの中でひとり考えていたことは(さすがに言語化していないと信じている…!)、”育ちが悪い”って今も昔も”サノバビッチ”的にわりと最上級なディス用語として脈々と使われ続けていますが、出自とかその経済状況とか、ましてや肉親/兄弟の有無がそれを決めるのではないはず。何よりも不幸で、かつ前述のディスり文句ど真ん中にヒットするのは、幼少期に周囲からじゅうぶんな愛情をかけられず、それ自体を感じる機会すら与えられることなしに育つ事でありましょう。

その次に来る事態。それは、イイ歳したおとなが、みずからのトンチキな立ち振る舞いの自覚も皆無で(もし飲食店でのマナーを知らない時は素直にたずねたり、予算に不安があるならば予め伝えてみたら何ら問題ないわけです。それを鼻で嗤う店なり人があるのならば、むしろそちらの問題!)、周囲に眉をひそめさせていることすら気付かない愚鈍さの事なのではないか、と。TPO概念ゼロのとどめに、最低限の清潔感すら皆無、何ひとつ洗練されておらずイモときたらもうね…orz

あの寝巻きみたいな道化師(x2名)のいでたち、画像化したいほど忘れられないです。

とりあえず一生スタバのフリーWifiのエリアからラップトップ抱えて出て来ないで。頼みましたよ。

http://53labo.net/frieza/im/3366

ドラゴンボールで締めてみました♡って今さらかわいこぶってみたところで何ら…orz

祝・『リアル』連載再開\(^o^)/

おかげさまで朝から寿ぎまくりっす。首をながーーーくして待ってましたよーーー!!!\(^o^)/井上先生ーーーっ!!!\(^o^)/おめとーんす!←主人公のひとり・野宮朋美へのオマージュね

headlines.yahoo.co.jp

今わたしがパッと思いつく限りの、お願いだから最後まで読ませてくださいマンガ金字塔:

…そしてこの”リアル”・by井上雄彦先生。長年続きを待ちわびておりましたもの。

ん?でもヤンジャンで再開…って事は収集しているコミックスになるまではまだまだ長ーい道のりって理解でよろしいのかね…?!

だけれどいいのいいの。再び始まったことが大切(待ちわび過ぎて今や禅問答の境地ね)。

くしくも来年パラリンピックも開催されることですし、きっと車いすバスケも注目されることでしょう。先生の筆が進んでくださいますように…!今夜お風呂でコミックス1巻から復習しよっと。

心が震えて涙、涙になろうとも、お風呂だからそのままでおかまいなしね…ってそういう問題?!?

現代におけるバベルの塔なのだよ

さきほど、こちらのヤフーニュースを目にしてまず思った事『そうだよ!えっ、それ知らずに買う人いるの…?』:

headlines.yahoo.co.jp

今やタワーマンションって、まさに雨後の筍みたいなものですが、壊し方など誰も知らない…という現代版ホラーなバベルの塔

嘆かわしい事にせっかく空の下にある風情たっぷりの街並みも、あれができると景観ががらりと変わるので非常にうんざりしていたわたし(あ、購入できない庶民のヤッカミと思ってくだされば♡)。いよいよ下町にも長方形を太くした箱型のような、謎すぎるセンスのタワーマンションがどんどん建っているのを見て嘆きに嘆いていた時、スーパーエグゼクティブことY田さんがこう教えてくれたのです。

『建てるだけ建てておいて、壊し方知らないんだよ?!バカでしょ!?誰が買うのよ!?笑』←あらためて最高!できるものなら音声貼りたいぐらい(笑)!

周囲を見渡してみますと、やっぱり”お稼ぎでらっしゃいますなー”みたいな御仁は瀟洒な低層マンションや戸建てに居を構えている模様。

”この夜景?ああぜーんぶオレのものだけど!”みたいな(寒っ!)景観重視のひとが周囲にいないだけかも、と思いつつ、リスクヘッジを何より信条とする彼らの判断だからねぇ…と、イチ庶民はオフィスの窓の外にニョキニョキ立ち並ぶタワーマンションの群れを今日も眺めるのでありました。

日曜午後に目覚めたら…

日曜日、何の予定もない時は目覚ましを掛けずに起きています。

昨日など目が覚めたら13時半過ぎ、とにかく良く眠れるタイプなのでさほど驚きやしません…が、さすがに目覚めたら身体がバキバキに痛くなっていました。筋肉痛ではありません、単なる寝過ぎ…!

普段は滅多にテレビを見ないのですが、この時ばかりは別。飲み物を作ったらぼーっとテレビの前にいる事がなぜか多いのです。”サンジャポ”などとうの昔に終わっている時間帯、何が放映されているかって…あれですよ、日曜午後のあれ!

”ザ・ノンフィクション”。

出ぇたぁーっ\(^o^)/時折駅伝とかでスキップする週もありがちな、”みんなのKEIBA”の前、午後14時からのお約束番組。

わたしは昔からこの番組が妙に好きです。特に好きなシリーズを挙げるとすれば、広島の大検から大学進学を目指す塾のフジゼミ編(←これがダントツで好き!)、男女の性別が入れ替わったご夫婦編、ホストやらホステスやら夜のお商売編、部活動(※高校生の応援団や弱小運動部とか)密着編。

その昔、友人が勤めていたネイルサロンへこの時間帯に行った時のこと。ブース前にテレビが設置されていたのですが、嵐のライブDVD放映中…から、事もあろうにわたしのブース前だけはこの番組に替えてもらったあげく、画面に逐次コメントしながら両手の爪をお手入れしてもらった…という『もし初回のお客様がいらしたら…多分もうリピートなしだよ!』と嘆いた店長(友人)も筋金入りの”ザ・ノンフィクション”ファン。

いつどの回を見ても”ああ世の中には色々なひとたちがいるのだなぁ…”と日本の広さに思いを馳せております。時折、世の中を震撼させた事件の犯人やら周囲のひとたちに迫る回も放映されており、そんな時はパジャマ姿でまじめに視聴しているのです。

昨日は結婚相談所主催の、いわゆる婚活男女を追う回が放送されていたのでした。わたしとて彼らと同じ立場。”生涯の伴侶が欲しい!”と切実に思っているであろう彼ら彼女らの様子は、意欲の有無/強弱こそあれど己の事のようではありませんか。

テレビに向かって『アレ?この方…ずいぶんとアグレッシブにお顔の大規模工事なさって…!』『男性、これでOver50?!純朴すぎ…!こりゃあ突貫工事後なんて気付きゃしないわなー』と、我ながらスレたコメントしか浮かんでこない。手の施しようがございません。

『このカップルいいじゃん!とってもお似合い!このままゴールインするね!』、『うっわ!食事中にテーブルにひじつきーの足組みーの…場末感すごすぎ…』と、見知らぬ一般人を激励してみたかと思えば”アタシもマナーには気を付けにゃあ…”と思わされたり、あぁ楽しい!他人事!…と、ヤジウマ根性もスパーク。

そこまでこの番組を好まない友人や家族からの『ヤラセじゃん?』、『一回の出演料いくらなんだろうねぇ』という揶揄もなんのその。あのテーマソング(サンサーラ)を耳にしたら、もう一度テーマソングをエンディングで聞くまではテレビの前に着席!そんな日曜の午後なのでした。

えっと、件の婚活密着の回の何が一番面白かったって…番組最後のエンドロールの頭に”ナレーション:小木博明

…この香ばしめな回…よりにもよって小木すか!?!?!?\(^o^)/

素敵なお声でてっきりフジのアナウンサーかとばかり思ってたら!普段の極悪さ加減など微塵も感じられなくてよ、サスガ!

しっかし『絶対ナレーション録りの傍ら、爆笑してるね!ヤツは!何なら矢作にLINEしてるね!』と勝手に邪推し、テレビの前でお腹を抱えていたのでした。

あーフジゼミの続編が今から待ち遠しい♡!

今週末のわがKILLA TUNES

五月晴れのこの週末はたいがいこれしか聴いてなかった件\(^o^)/:

www.youtube.com現時点では50万回に迫る再生回数なのですが、うち10万回ほどはわたしだと思う(←たいがいにしろ\(^o^)/爆)…ってほどにエンドレスリピして過ごしました。

どんだけJ.Lo好きなの?!?って我ながら思いますが、このスティーヴ・アオキの”Steve Aoki from the Block Remix”っていう秀逸過ぎるリミックスタイトルもまたオツ。

かの有名なこれね♡!0:37~のイントロでご存知のかたも多いでしょう。

www.youtube.comサウスブロンクスのジェニーったって、押しも押されぬスーパースターざます(ドヤ)☆!

www.instagram.comああ…SOOOO GODDESS…ただ黙ってひれ伏すほかないではありませんか。

…話はちょっと飛びますが、近頃毎朝の支度中によく聴く曲が。わたしにしちゃー珍しく最近の邦楽、おまけにガールズグループなのです:

www.youtube.comうん、イントロからいいっすねー。そしてみんな激マブ(あ、死語?!)!かわゆい!!

彼女らは”Banana Lemon”というグループなのだそうで、わが友人がかねてより激推しのグループって事で存在こそ知っていたものの、これほどトラックいいかんじとは!

GW中に彼女と電話した際『いいっっ!』と激賞した次第です。

トラックがイケてるからか、なーんか中毒性があるのね。なんなら仕事中にこのラップのヴァースを口にしてしまう今日この頃(笑)。まさにSLAYを地で行くお気に入りでした。ガールズグループと言ったって食わず嫌いしちゃダメダメ、あなどっちゃーなりませんのよ。はい。

十数年ぶりのセルフ・ペディキュア

ハタと気付けばもう5月も半ば過ぎ。街中や電車で、サンダル着用の女性の姿が増えてきました。

オープントゥパンプスがとても好きなのに、洋の東西、革の種類、ヒールの高さなど一切問わず、各社ことっごとく足に合わず全滅。原因は毎回同じ、親指の爪の生え際が局地的に当たるから。

”ぁ痛っ!!だ、だけど…買ったばかりだし多少はね…”とそのまま我慢して歩くと、出勤後デスクに着いたら、周囲が『ちょっと?!足!!』すわ流血騒ぎ。新品のパンプスが血染めに…というグロテスクな悲劇ばかりを繰り返して今に至ります。

そんな残念な人間は、毎年GWに両足にもジェルネイルでペディキュアを施してもらうのが習慣です。理由はひとつ、とにかく楽だから。両手のジェルネイルより持ちが良く、サンダルを履いて出かける直前に”うわ!ペディキュアが思いっきり剥げてた!”みたいな事態も回避できます。それを晩秋までは色を変えながら数回繰り返すのです。

…が、まだ今年は両足のジェルネイルをしてもらっていません。なぜなら、冬の間に厚手のタイツや靴下着用の上で先のほっそーいパンプスを履き続けた結果…

  • 両の小指の爪、激細靴の影響で4分の1が途中で消失(!)
  • 両の中指の爪、圧迫のせいで血豆ができた後(!)新しい爪が生え揃っておらず

嗚呼、現代における纏足状態。ここまでわたしの両足を変形させたルブタン、チュー両氏の美的感覚ときたら、アジア人の幅広足などそもそもNO眼中なんだわ…と打ちのめされつつ(でも履く!投資した元は回収が鉄則!)、さすがにこの上からジェルでコーティングしたらよろしくないのでは…と、自重しております。

昔、祖母や母の足の爪が小さかったり消えてなくなりそうだったのを見ては不思議でならなかったものです。それが、まさか自分の身に起ころうとは…orz

ここまで嘆かわしい状況なのにもかかわらず、サンダル着用時に足の爪が何も塗らずそのまま…というのはわたしの場合、断じてあってはならない事態。

『誰も見ちゃーいないよ…履けばいいじゃん…』と家族の呆れ顔を横目に、十数年ぶりのマニキュア探しをしてまいりました。

今季一発目はグリーン一択!と決めていたので、迷わずグリーン狙い。

まさしくこの色を今わたしは探していた!アンプリチュードさまさまだよ!

www.amplitude-beauty.comさすがBBA…おっと失敬、われわれ世代をターゲットにした新ブランド。今までありそうでなかなか見つからず、どんな肌色でもイケそうな絶妙な色出しのラインナップに大興奮。パープルあたりもなかなか見かけない色でいいね!買ったる!とお値段を見ましたら…

……さんぜんごひゃくえん……※注:一本あたり

待って、2本で7,000YEN・プラスTAX…?!?

さすがはお値段も”コムスメでなけりゃあお買い上げになれますよね?”と暗に聞こえて来るような(←妄想の度が過ぎるわ\(^o^)/)マチュアな価格設定。

うーん…それだとジェルいけるんだよなぁ…と、両手両足ジェルネイルを長年ずーっとつけっぱなしゆえに思ってしまい、途端にトーンダウン。

”あ、小さいマニキュアを探せばいいのか!”とデパートの売り場からバラエティショップへ即移動。

”ほーらやっぱりね、あったあった!冴えてるなー♪”と上機嫌でピックアップし音速でレジへ:

www.cosme.com…で、帰宅後さっそくペディキュアを塗るべく、いそいそと袋を開けてみますと…

アレ…?買ってきたこれ、グリーンっちゃーグリーンなのだけど…?

前述のアンプリチュードは黄色が多く含まれたビビッドなグリーンなのに対し、こちらはエメラルドグリーンにも近い、青みを帯びたマイルドなグリーン。

悪くはない!ああ悪かーない(←二度言うな!)!んだけど、店内の照明ではもうちょい黄色っぽく見えたんだよ…それともあれかな、疲れ過ぎて視神経がどうかしてたのかな…orz

『理想ど真ん中とは気持ーちずれてる…』とうなだれるわたしの姿に家族は『まぁ大げさ!これだって遠目から見たらグリーンだからさ』、『ゼロひとつ違うんだからいいじゃないの、かわいいよ』と、ひょいとマニキュアのボトルを取り上げ自分の両足の爪に塗り始めたのでした。

というわけで(?)わたしの両足は只今、目を細めてグリーンだと思い込むようにしている、エメラルドグリーンに彩られました。サンダル履くぞー\(^o^)/←開き直り

かのJ事務所もインスタ解禁ねぇ…

ちょっとー!!!抱かれたいセニョリータからの阿鼻叫喚がそこかしこから聞こえてくるようです:

www.instagram.comわたしの知ってるあの顔もこの顔もフォロワーなのだろうよ、と思うだけで仕事中も微笑みが隠しきれません(笑)。 

アノー、個人的に気になったのは、山Pの公式インスタからフォローしているのが現時点でたったの2名。世界のウィル・スミスそして息子、ジェイデン親子だけっつーところでしょうか。

それはまるで、LAはベルエアあたりの大邸宅であろう、スミス邸にうっかりホームステイしてきた子がホストファミリーを忘れない…みたいな雰囲気じゃないすか(笑)。友達と称すにはあまりにも異次元感が漂ってなぁい…?と思ったもので、あまりに局地的過ぎて気になりました(笑)。

取り急ぎネクストカマーはぜひとも生田斗真!!!おねしゃす!!!

…って言ってるそばからなんですが、でもなー。芸能人って舞台裏オフショットぐらいならまだしも、やれどこ行っただの何食べただの、なまじパーソナルな情報など知らない方がファン心が煽られてよいのですよ。←持論

われわれ一般人イコール下界に降臨して、ノイズだらけだというのに同じ目線まで下がってこなくてもよろしいんじゃ…と個人的には思いつつ、きっとそれはただ単に、わたしが重度のSNSアレルギー疾患を持っているからなのかもしれませんね。ええ。