SO WHATブログ

わが人生の春を待機するも早数十年・経過…気楽で軽やかに生きていきます

晴れて機上の人と再びなったあかつきには…!

うーん…秋晴れの日々が続いていたのに、いまいちパッとしない気分だわーぁ。これまでこんな時、迷わず旅行に出かけて心身リフレッシュしていたというのに。

そうだ…旅…旅ですよ…旅!(←うわごとか)あああ今すぐ旅に出たい、10年有効パスポートの持ち腐れじゃないの…!とは言えわたしだけに課された試練ではないので、海外旅行が何の心配もなくできる日の訪れをじっと願う今日この頃。

じゃあ国内は?と視点を変えてみるも、現在わたしの周りにはいわゆるエッセンシャルワーカーに加えて妊婦がいるもので、ここはぐっとこらえてリスクヘッジ最優先。”Go Toトラベル”の恩恵はそこまで大きく受けられそうになく、遠出する気にもイマイチなれないのが正直なところなのです。

前々からぜひ読んでみよう!と思っていた旅のムック本を衝動的にポチッてしまったのは、せめて脳内疑似トリップだけでも、そして近い未来、何の心配もなく再び海外旅行に出られる時のために予習・情報インプット!と思ったからでした。 

今日も世界のどこかでひとりっぷ (集英社ムック)

今日も世界のどこかでひとりっぷ (集英社ムック)

  • 作者:ひとりっP
  • 発売日: 2016/12/31
  • メディア: ムック
 

当方一人旅は何ら問題ない派ですが、経験したのはせいぜい国内やら近場の海外ぐらいでしょうか。が、そんなしろーとさんはページ開いてブッ飛びまくり。こちらに掲載のデスティネーションは一味も二味も違うのですから。 

ガラパゴス!メキシコ!!ブエノスアイレス!!!ええっとその国って、世界地図上だと一体どこにあるんでしたっけ…?つーかアノー、治安…(微笑)的な変化球だらけの目的地の数々よ。ハート持ってかれましたから。もちろん一人旅ビギナーにも推奨とされる、台湾・ベトナムあたり、渡航歴の多さに裏打ちされた超ありがたすぎる最っ高~な各種お店情報も、写真と文章で微に入り細に入り掲載されているのですが、読了後は”えっアジア圏一人旅?そんなん朝飯前だから!”ぐらいな気分にもなってきます。

必需品や注意点、目的地別の服装などなど、女性ならではの細かな情報も余すことなく載っていてどこまでもお役立ち。 

大感動のあまり、最新刊の”ふたりっぷ”も即購入:

読了直後、声を出してこう誓いました。『わたし…次の海外旅行はマンダリンオリエンタルバンコクへ泊まるためだけにタイへ行ったる…!!』しっかし一体誰に、何に誓うのやら。

そのぐらい、MOBの魅力を余すことなくお二方が綴られています。

旅行中何に重きを置くかは人それぞれながら、わたしは日頃平日は落ち着いて食べられた試しのない朝食がかなりの重要ポイントです。ゆえにこの本でお二方が手放しで絶賛されていたMOBの朝食よ!!写真を見ただけでわが心はチャオプラヤ川沿いのテーブル下に着席完了\(^o^)/

おまけにプールにガバナ完備至高(多分朝食直後から夕方までここにいる気が…)、当然スパもあり(対岸にあるそうで、チャオプラヤ川をボートで渡っていくっていうのもエキゾチックでたまりませーん♡)、とどめに飲み物やら何やらオールインクルーシブときたら完・璧☆!

バンコクの街を観光するのは最低限で構わない…ただただMOBこそがわが目的地!!MOBを満喫することだけが旅立つ理由!!と、果てなき妄想は膨らむばかり。

活字量も大変多く、読みごたえも素晴らしかったのでまんまと追加でこちらも購入: 

自分の手持ちの洋服や小物などを眺めながら”MOBにはコレでいいんじゃない?”、”まだこの水着一度も着てない!絶対持って行かないと!”なんてあれこれ思いを巡らせつつ、旅欲で頭の中ははちきれそうに。

この”ひとりっP”シリーズ、写真だけでなく活字量も結構なボリュームなので読みごたえ満点なのもさすがです☆彡他の各種旅のガイド系本を読む気など消え失せるほど!
さってっと、今から夢のMOB・公式HPに再びトンできまっせ。…あ、これも白昼夢的トリップってことでよしなに♡\(^o^)/