SO WHATブログ

わが人生の春を待機するも早数十年・経過…気楽で軽やかに生きていきます

愛するお靴を手放すのだけはイヤーッ!(断末魔)

新たに何かを買ったのならば不要なもの、似たり寄ったりなもの、使い古したものは一切合切捨てる!わが胸にそう刻んでから幾星霜。今や誰も”何それ?”と口にしなくなったほどに断捨離の定着…を経て、新たな一大勢力・ミニマリストの六文字を至る所でお見掛けする令和の世です。が、わたし…とりわけお靴だけはわりと買ってます…しかも結構な頻度と量…(←超小声)!

一切ヒールを履かなくなった分、フラットシューズに目がなくなってしまいました。前々から欲しかったあれやこれも、この際いい機会だからね(←別にどんなシチュエーションであろうとも常套句\(^o^)/)、思い切っていったれ(我ながらお買い物なのかバクチなのか…)!歩く場面も増えたのでスニーカーも従来に増して必要不可欠(←これまた常套句)!

家族より『いったい足何本あんの?』『それと似たようなの持ってたよね??』との数十年おなじみのコメントを放たれ続ける中、ただでさえ大好きだったお靴がハタと気付けば増えに増えた感・大いにあり…。

さほど外出していないのにも関わらず『いつか気合入れてお出かけする時が訪れるわ☆!』『このお靴を履いてMOB=マンダリン・オリエンタル・バンコク(かの地への思慕ときたら先日下記にて延々と綴った次第…☆彡)に思う存分ステイしに出かけるからね!』

lab619.hatenablog.com

『はたまたこのお靴を素敵だと言ってくれる殿方が(以下割愛…)』ええ、この有様ですよ。お靴とはわたしにとって、もはや一種のファンタジーなのかもしれません。

…でも、新しくお靴を迎えて出て行ってもらう古参兵のこのお靴やあのお靴も、リペアを施しながら大切に履いて来て、思い入れたっぷりだし未だ超ときめきまくり、木型もバッチリ自分の両足にフィットしていて最高に履きやすく、ポイポイ捨てるのはあまりにもしのびない。つーかそもそもプロパー価格いくらだったと思ってんの?!?と額に青筋立ててそろばんまではじき出すと、なかなかゴミの日に出せないのが市井の民・いちOLの哀しいサガよ…!

ここでわたしは、以前どこかで林真理子先生が書いていらした超名案を天啓のごとく思い出したのです。そろそろお役御免になりそうなお靴は、お天気の雲行きが怪しめな日や小雨の日に履けばいいのですね。万一ハラコやらスウェード素材やら水滴はご法度のお靴を履いた日にドシャ降りに遭おうとも、もう仕方ないとあきらめがつくであろうよ、と。

しばらくの間は秋晴れが続くとの天気予報を聞きつつ、これはもう少しだけ現役時代を引き延ばしてもいいってことだよね…と、愛するシューズラックを眺めながらやっぱり往生際の悪い月曜の朝なのでした。

よーし今夜はマノロ御大の映画でももう一度観ることにしようっと♡←アノー…お靴の処分問題は一体どこいった??

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: Prime Video
 

おっといけない、これでまーた財布の紐がゆるみそうになるのだけはくれぐれも自重せねば… !ミイラ取りが何とやら、になりかねませんからね。