SO WHATブログ

何の因果か人生の春がいっこうに訪れない日々の記録になります

おいしいもの備忘録

近頃頂いて非・常~に!おいしかった!もの備忘録。

残念ながら限られた店舗だけでしか扱っていないようですが、タリーズルイボスティーにブラッドオレンジジュース&果肉がゴロンと入った温かい飲み物がおいしかった!

サーチかけたら公式メニューはヒットせず(ちょっ…やる気あんの…?!)、記事リンク貼ります:

hamakore.yokohama

へーぇ横浜にも店舗が…!と思いつつ、お茶と果汁そのものをミックスしたドリンク、しかも温かい果汁!ってあまりポピュラー路線ではないですよね。なのにこの攻めたメニュー!ナイス\(^o^)/

果実をスプーンですくいながら飲みつつ、すぐに思い出したのが台湾で”水果茶”という、まさにお茶と100%果汁をミックスした飲み物。あのイメージに近いっちゃー近い気がします。

台湾は医食同源を地で行く素晴らしいカルチャーだとわたしは思います。

街中で頼む飲み物ひとつとっても、デザートにしても、いかにも白砂糖ゴッテリ!ホイップクリームマウンテン!ドヤ!みたいな胃もたれ・胸焼け・糖質爆弾路線ではなくて、素材本来、自然の甘味を生かした滋味深ーいおいしさ。かの地のご親切な人々のイメージもあいまって、大変好ましく思っております。ジューススタンドやらお茶やら、甘くしたいときはお店の人にどのぐらいにしたいのか頼めるし、氷の量もその時の気分でカスタマイズできたりと秀逸。

ああ、少し前に話題になっていた台湾パイナップルもね、買う買う!世の中が落ち着いたら、かの地を再訪したいわぁ。

…続きましてもういっちょ。

ギフトで頂いたおうどんです。なんだよー乾麺?と一瞬侮ったわたしが愚かでした。

激ウマ!しかもしかもしかも\(^o^)/作り方、お湯を沸かしてかけるだけ\(^o^)/刃物と火が一切使えない(※ライターも一切ダメ、チャッカマンでギリ)という前世のカルマすら感じている人間にとっては万歳三唱!!!\(^o^)/ 

わたしが実際頂いたものは、鶏塩だしとかはまぐりとか震えるほどに気の利きまくったお味が秀逸すぎるラインナップだったのです。そちらの商品はね、なんと在庫切れでリンク貼れず(嗚呼…!)。ですよねーですよねー♪超納得だわ、リモートワーク勢もこりゃあほっとかないよ! 

そりゃあおうどんは釜揚げ派!とか、ひやあつ!だとか、やっぱり天ぷらってマスト!などなど、言い出したらきりがないですが、お湯沸かして注ぐだけ。果たしてこれ以上の奇跡などございまして?!\(^o^)/

喜びと共に、わが同胞(=料理不可な一大勢力)やら、仕事で忙しいひとりぐらしの若者たちに布教しまくっております。明日のお昼もこれにするかなー。

とうとう全巻購入したよ…アレの新装版をね…

只今2021年・春。近頃、わたしほど『スラムダンク』と連呼した40代女性はそういないことでしょう。何せ先日"SLAM DUNK"のアニメを見始めてしまったのが運のつき…いやいや尽きてないから全然!むしろ真逆、ダダ上がりだっつーのよ\(^o^)/: 

lab619.hatenablog.com

アニメでは放映されることのなかった湘北VS山王戦の細かなディテイルを今一度…!とのアツい一心・たぎりにたぎった末、『フクちゃんってプライド高い子、どのチームだったっけ?』『仙道君と同じ陵南っ!』だとか、『ほらーなんだっけー?山王のさー、目がクリクリした超ド級エースの子の名前!』『沢北だよっ!初歩の初歩!覚えとけ!』などと、スラムダンクをこよなく愛する友達を、先方何かと忙しいっつーのに連日さんざんヨタ話に巻き込みまくり。許せ友よありがとう。

そんな先週の初め、仕事帰りにたまたま大型書店へと立ち寄りました。

”紙袋も有料になったんだった…エコバッグまんまと忘れた…チッ!”とお会計を済ませた次の瞬間。レジの真横に横一列・ズラリ整然と並んだコミックスに目が吸い寄せられたのです:

itplanning.co.jp

もう、井上雄彦先生・描き下ろしの表紙を見ただけで”汝よ買いなされ…”という天啓だよ。『わたしが今これを全巻買わずして一体いつ買うのか!?来世になっていいのか?!』ええそうですね、何を購入する時もまるっきり同じことを口走る、わが常套句です(微笑)。

そのままレジにUターンして、先程レジを打ってくれたばかりのアキバ風の若い男性店員さんへ高らかにこう告げました。

『このマンガ、ここからここまでの全巻いただきます!!』

もれなくわが心に、この春一番の瞬間最大風速が記録された場面です\(^o^)/

『す…”スラムダンク”新装版ですね、かしこまりました…』店員さんも風圧に軽く押された感。いいご迷惑だわなマジで。

…それで全巻購入、はやる気持ちをグッとこらえて自宅へ配送手続きを済ませ、意気揚々と帰宅。

翌朝一番でピンポーン、我が家に配送されるやいなや読み始めましたよ。最後の最後、山王戦から読みたいのをグッとこらえ、アニメ版でもさんざん観た最初からね…(震)!

最低限の睡眠時間を確保しなくてはならないため、一晩に2巻ずつを限度とする、と己に謎の規律を課した…ものの、翌日廃人覚悟で一気に…と一瞬揺らぐほどに続きが読みたくなる。

最初はコミカルでもあるんだよなー。桜木が超初心者だからってのもあるのでしょうが、胸アツ界の頂☆に堂々君臨するマンガであるからして、一体どのあたりから現在に至るまで我々を激アツに、全身に流れる赤い血をたぎりにたぎらせまくってきたのか見届けたい所存。

登場キャラは皆好きだけれど、特にファンキーなリョータがいいですね。って聞いてない?ああそうですかそうですか。ファンっつーのは聞かれてもいないことを前のめりで語りたくなるんですわ。はぁ…山王戦まであと数日…!例のあの子は沢北ね、沢北!

ユーロビートで泣くひといます普通?!?

はい観てまーす\(^o^)/、観ておりますとも!”LIVE FOR THE PEOPLE”。 

LIVE FOR THE PEOPLE [DVD]

LIVE FOR THE PEOPLE [DVD]

  • アーティスト:V6
  • 発売日: 2000/09/27
  • メディア: DVD
 

この一週間、飽きもせず毎度毎度…ちったぁ他に書くことねーのか…と自分にツッコミたくなるのですが、ないんですよね残念ながら(微笑)。もう燃料満タン・暴走機関車はしばらく止められやしませんのであしからず。

先日注文したDVDのひとつをめでたく入手。わが手に取った瞬間”おぉっとっと…”と軽くのけぞったほど、平成初期感が全てに漂う歴史的1枚です。

だって…ジャケ写からし森田剛くんのご様子さぁ…もうちょいマトモな写真、他にいくらでもあったでしょう?堂々のセンターですのにWHYなぜに(©YAZAWA)コレ??大木凡人ばりの激重マッシュ((((;゚Д゚))))これでヘアカラー明るくしたらイケ好かない伊野尾じゃんよ(チッ!あのガキャー)。

慄きつつも開封。歌詞カード的なのを見まして、これまた驚愕。”他に写真なかったの…?”ええ、先程のコメントの繰り返しとなりますね。レイアウトは不自然なものの、お写真は自然っちゃー自然で、修正の類など一切なし。フォトショップなんて知ったことか!という清々しさは、令和の世において大変新鮮な衝撃。いっそ男らしさすら感じさせます(?)。

満を持してほぼ四半世紀ぶり(!)の時を経て見たライブの模様も、ノッケから声出して笑ってしまったぐらい平成初期感が秀逸なんです。

全編通してブレまくり&引きすぎだとか、ハッチャメチャなカメラワーク!唐突に東京駅⇒新大阪駅間、新幹線で移動光景とかブッ込んでくる予測不可能な編集!

特筆すべきは駅構内で超至近距離にいる追っかけの女の子たちのお姿や悲鳴だとか『頑張ってください!』みたいな声掛け(のどかな時代だったことよのぅ…)、『走らないで!』と身内に注意のシャウトする良識ある追っかけ(?)の女の子の声までも、そっくりそのまま拾いまくり。

これが四半世紀前…思えば遠くまできたもんだ…と、当時に思いを馳せつつライブスタート。

ちょちょちょ…ちょっと待った。剛くん…こんな思いっきり少年だったんだっけ!?!岡田(サーセン敬称略で)なんてほっぺ赤らめて”どうしよう…”って軽く不安げに視線泳がせつつ、終始ニマニマしてる少年だよ。ただし三宅健くんとシニア3名はほぼっほぼ現在とさほどお変わりないご様子。

…健くんはね、もはや日本におけるファレル的な?キャラが似てるっていうわけではないですよ当然、実年齢を重ねる遅さのレベルですねくれぐれも。何せ見た目も声も、我ら市井の人と比べたら”時空歪んでるよ…スタンド使いじゃなかろうか…”と思わざるをえない異次元っぷりだよ。

いけない、話がそれました。当時のマイ・ドリームガイ・森田剛少年の様子には、思わずグッときちゃいました。だって今のわたし…このぐらいの息子が自分にいたって何らおかしくない年齢なのですから!自分の子供が大勢の前でこんな一所懸命歌って踊ってたら泣いちゃうよねお母さんは…!と、非常に一方的かつ勝手な母心ビッグバン\(^o^)/

ただし、この95~96年のデビュー直後の少年から、次のライブまでの間、彼の身には一体何が起きたんだ((((;゚Д゚))))?!?ってほど、まだあどけなさの残る少年からストリートの小僧へとトランスフォームなさるのも超~見もの!なんすよ…だから98年のライブDVDも欲しいっつってんのに…avexがさー(睨): 

lab619.hatenablog.com

ちょっとシャイな感じのこんなにあどけない少年が今やもはや。陰という色を漂わせる立派な大人になられて…!プライベートでもお幸せになられて本当に本当に良かった…!(←おいおいおい自分自身は一体どうした)と、当時エンドレスリピしていたユーロビートのお歌のライブ映像を見て目頭は熱く…!

BGM・ユーロビートで泣くようなひと、世の中広しと言えどもわたしぐらいしかいないんじゃなかろうか。客席のド発狂具合をながめつつ(当時はチアリーダーみたいなお手製ボンボン?を振り回す一定層が…!爆)、懐かしのお宝映像、大いにツボりましたっけ。

アンコール前後では舞台上に何か物をブン投げるバイオレンスな輩も散見され、”あーっそうそう!昔『公演中、舞台に物を投げ入れないでください』みたいなアナウンスされてたっけなー!”と懐かしさに大笑い。有り余るエネルギーって何かと常軌を逸しがちとは言っても、いやーすっごいよねー考えらんないわー今となっちゃ。かつての自分の阿鼻叫喚ぶりなど棚上げまくりだよ。

この令和の世でユーロビートを延々部屋に響かせつつも、どことなくノスタルジックな気分にさせられる週末を迎えております。はい。

血眼DVD探索・人生初の秋葉原訪問記

まだこの話題が続いてんのかい、と我ながら執念深さにおののきますが、先週金曜夕方のV6解散&森田剛くん退所ニュース。こりゃ事実なんだわね!とようやく認識してから、おもむろにかつてのファンことわたしが動き出したこと。

\『大昔さんっざん生で見に行ってたコンサートのDVD、いっちょ買っておかにゃあ!』/ 

lab619.hatenablog.com

んで即オーダーかけたのですよ。1996年お正月(確か)@代々木ライブ”LIVE FOR THE PEOPLE”と、1998年夏@横浜アリーナ”SPACE -from V6 Live Tour '98-”の二枚をね…。

そうしましたらね…どうにか前者こそ確保できたものの、完全なる狂気の沙汰で同じ内容の公演を連日見まくった後者ときましたら、メーカー欠品で(!)全国どこにもなく(!!)あしからず、とのメールが舞い込み、注文自体を強制キャンセルされたではありませんか((((;゚Д゚))))

『メーカー欠品だと?!昔から在庫なんてちっともねーよ!だーらアタシ前から何度も言ってんじゃん!avexさーV6売る気ないワケ?!これからの半年間、ゆーたら解散特需なんだっつーの!本気でマーケ解析して売り切る!っていう誠意をちったぁファンに見せたらどうよ!?』

届いたメールを前に”あのぅ…お仕事上でのクレームですかネ…?”ばりにワナワナしつつも、最も憤りたい対象はかつて手放した己自身よ。

だってさーアレDVDじゃなくてVHS=ビデオテープだったんだもん(泣笑)!今やもはや再生しようがなかったんです、仕方ないよね(と、しておく)。

…そこで”中古だろうと現品探したるわ、せいぜい首洗って待ってろや”と、そう短くもない人生初・秋葉原という各種ヲタの聖地まで赴きましたとも。やっぱ人間、本気になれば何でもできるのですね(微笑)。

何せ、わがお目当てのDVDがリアルタイムでコンサートをやっていた当時(1998年…orz)、わたしときたら秋葉原に足繁く集う諸兄を”やっだぁーアッハッハ、架空のキャラとご入籍なさるんでスカー?”と鼻で嗤い、色白・小太り・清潔感ゼロ・身なりに一切構わずテンションだけは常人ならざる…という役満リーチかかりまくってた御仁のことを、ただ単に風景として認識しておりました。

一体彼らが何をしたというのでしょう。若さゆえの非・人な傲慢だったと猛省しつつ、当時の自分がそもそも立派なジャニヲタだったじゃん、カトリック教会がプロテスタントに何か言いたいような感じ??同じ穴の狢だわな!と笑い出したくなりましたっけ。

…そんな事を考えつつ目指したのは、いわゆる電気屋さんの映像フロア。ことごとく在庫なしの撃沈。まぁここまでは想定内ですので、その足で本気出して向かった先は”まんだらけ”。いわゆる中古新品入り混じったお店です。

秋葉原、しかも”まんだらけ”に来る日が訪れようとはね…”とここでも月日の流れをひしひし感じます。メイド喫茶の勧誘も一切なされず(←当たり前だよ)無事到着、男性フロアっつーの?ダッシュで駆け上ると…そこにはうちわやらペンライトなどのコンサートグッズやら、秘宝館ばりの超カオス\(^o^)/

『きゃー♡アタシこのパンフレット持ってたぁー♡』『断捨離の時、この手のお店に売りゃーどなたかに喜んでもらえたのかもね…』とよそ見しまくりつつも探索探索。

……………ない……………((((;゚Д゚))))ほぼっほぼ完全網羅されてるのに、わがお目当てのアレ!アレだけがない………orz

意を決して店員さんに『あのぅ…V6のぉ…』とおずおず尋ねますと、ダダン!と手元の端末を叩いて『中古VHSなら1つ中野店にあるようですけど、DVDは全国在庫ゼロですっ』とバックドロップ。

驚愕のあまりアワアワ言語化できない衝撃を受けたまま、重ーい足取りで秋葉原駅へとUターン。

にしても。あれだけ多くのメイドさんって生まれて初めて見ました。マスク着用とは言え、目元はわりと愛らしい感じの女の子が多かったのにもびっくり。地下アイドルとか兼業してるのかなー、まーた寒んむいのにペラッペラのお衣装でお母さんは心配になるよ…そりゃ足もゴン太にむくみまくるよな、あ、ナチュラルにこの仕様?その親しみやすさがヲタ諸兄の劣情をより一層…だとか、外国人観光客ばりに凝視してしまいましたっけ。

歩きながら連れには『あ!ここにキョンシーのお札みたいなの貼っててお衣装もそれっぽいメイド喫茶あんじゃん、もし働くなら絶対ここ行く!』『だって客の額にお札貼ってりゃー動かずに黙っててくれんじゃん?』と大きな声で問うも『えーとまずは年齢制限とご面相、そしてキャラが致命的…』と、アッサリ却下\(^o^)/

とにかく安っすい!ことにも驚き。ルックス…いやいや断じてそのポイントだけじゃなくてですね、あくまでも料金ですよ料金。何せ飲み放題!時間無制限!!千円ポッキリ!!!とか、コロナ禍とは言えいささか不安にすらなるレベル。

実地に異性と(※メイド喫茶に行くって事はストレートのひとが多そうだな、との印象を受けたもので)ごくごく普通に、日常的な交流をするのが難儀な殿方はここで会話の練習した方がいいんじゃなかろうか?シャイな御仁におかれましてはうってつけなんじゃないのかね。

あ、だけども『ご主人様ぁ~』とかビジネスそしてマニュアルでかしずかれた結果”何だこんなもんか、女なんてちょろいもんだぜ”、”オレってモテちゃうんだな実は!”なーんて盛大なる勘違いカマされるようになってしまうのも、かえって不幸の始まりなのかねぇ…。

信仰は同じだが異宗派・みたいな存在のジャニヲタが何言ってんだほっとけや、と自分自身にツッコミつつ、”やっぱり自分の事ってなかなかわからないもんだよ”と渋谷へと戻る帰り道の山手線で妙にしみじみした日でした。

◆結論:お目当てのライブDVDは未だ入手できず(avexさんよ…生産ラインフル稼働プリーズ!)。 

サウスブロンクスのジェニーなめたらあかんで

モンゴロイドには到底理解できそうにないことのひとつ、それがラテン民族の色恋沙汰に向ける熱量および火力でありましょう。ダンスやお歌などもそれらに含まれるとの理解です。

下記報道が事実なのであれば、わたしゃA-Rodに激しく落胆。J.Loというクイーンが隣にいつつ、よりにもよって見た目どころか頭の中まで垢抜けない超ダッセーとっぽいイモねーちゃんに引っかかったなんて!ご乱心ゆーても限度っつーもんがあんのよ限度が!!:

pagesix.com

あったくよー、一体どこが”Southern Charm”なんだっつーの。単なるファッションセンスが大昔のままで時計が止まってる”アタイ昔はモテたのさ”的ド田舎のバーに出没するイモじゃん。Southern Charmだなんて南部の皆様に失礼だわ、せいぜい綿花畑かトウモロコシ畑あたりの人気者、南部農協(←ありゃしないわな)におけるマドンナの間違いでしょーっ!?

重ねてこういうご発言をなさるところあたり、オツムまで相当どうかしちゃってんの?!?(超他人事だっつーのに激怒する極東在住・単なるいちJ.Loファン):

pagesix.com

まさかとは思うけれど、ミス農協(仮名)ってばさー、間違ってもJ.Loと張り合おうとしてねーだろーな?!?って額に怒りの青筋よ。仮に私がJ.Loの地元・サウスブロンクス民ならばサウスキャロライナへの宣戦布告しかねないですよ。←どんな南北戦争よ\(^o^)/爆

ま、こんなタコ助ごときと関わろうとしたA-Rodが一番のA級戦犯確定だよ。誠実=何よりも輝かしいホットな男前の証だってことをどうしてわかんないかなー。わっかんねーだろーなー(溜息)。

…でもすごくないすか?何がって、週末ちょうど電車に乗っていた時、JRのドア上に出る車内ニュースに”米歌手ジェニファー・ロペスさん破局か”って共同通信・ブレイキングニュース的なのが出てたんすよ!((((;゚Д゚))))

ファン的には”えーっとそれほどまでに日本国民が認知している存在なんでしたっけ、J.Lo姐さんって…?”と一瞬訝しんだものの、おかげでわたしは驚きのあまりマスクの下で口あんぐり開けっ放し。我に返ってから口を閉じるまでに時間を要しました。

”別れちゃいないよーん、2人でセラピー受けっから”って一応アナウンス出したっぽいですね:

www.billboard.com

だけどさー、カップルセラピー受けたところで修復できるのー?だってこんな叩き売り状態のイモ女にホイホイ引っかかるようなお相手だよ?サウスキャロライナ農協のマドンナ(仮名)、ご自分とは真逆のタイプじゃん、苦しむと思うよ。

我ら市井の人には計りかねない男子力こと$パワーでどうにか手打ちかね。正直J.Loは男が変わるたびにドンドコスケールアップなさってきた女傑オブ女傑ですし、男子力も不要だと思うんだけど…(だからと言ってバックダンサーチョイスだけはどうか回避なさって!叫)。

その点でもふたりはラテン民族同士、とってもお似合いだと思っていたってのに…: 

lab619.hatenablog.com

かえすがえすもA-Rodの野郎め…往年のスーパースターったって、おとなしく野球解説とワークアウトで発散してろっつーの。ちったぁジーターの落ち着いたご様子を見習いなよ。

さってっと。おととしのクイーン・50歳ご生誕祝いでのご様子です。是非とも2:45ぐらいからの主役・J-Loならびにその隣に白シャツをお召しの一般の方…もとい、フィアンセ(今となっちゃどうだかね!怒笑)のご様子を、皆様に一度ご高覧頂きたく存じます:

www.youtube.com

ちょうどこの当時、コメントのひとつに”A-Rod looking so outta place”的、”A-Rodが場違い過ぎてマジ草”みたいなコメントをお見受けしまして、ゲラゲラ笑わせてもらったんですが、今日あらためて見返しますと、爆笑の種類も軽く変化球・カーブかかってきますよねぇ(笑)。嘲笑だわ嘲笑!

これを見てしまうと、クイーンのお隣に控えていいるボクちゃん、農協イモ女の前ではさぞドヤっただろうよ…と微笑を禁じえません。まじで自分でもコレ一部始終直視なさって”やっべーボクちんとJ.Lo姐じゃそもそもの次元が違うんだわ…”って頭冷やせよな!

ここまで書いておいてどんだけJ.Lo贔屓なのかとびっくり。とにもかくにもクイーンの威厳がイモの泥で損なわれませんように☆彡

www.youtube.com

www.youtube.com

どうすれば足の爪は再生するのでしょう(嗚咽)

どなたかお知恵拝借…。わが両足の爪ときたら、災難続きなんです…。

以前”右足小指の爪が消え失せた!”と嘆いたら、今度は…逆の左足・親指の爪。

週末に1万歩以上歩いてから”フー今日は良く歩いたー\(^o^)/”と帰宅。靴そして靴下を玄関で脱いだその瞬間…!爪の上から3分の1、音もなく横に割れてフッ飛んでったのを目視いたしました…orz 

lab619.hatenablog.com

ジェルネイルが取れた後の左足親指の爪に、右側から亀裂が入っていることには気づいておりましたとも。ネイリストさんに見せると『これねー圧迫を繰り返すとこうなるんだよ、先の細っそーい靴ばかり履いてなかった?』とドンピシャすぎるアドバイス((((;゚Д゚))))

…が、まさか少しの亀裂が右から横にドンドコ進むとは…その時一体誰が思いましょう??

不幸中の幸いは流血沙汰でも激痛沙汰はないため、超深爪!軽く肉あらわ(ヒェエーーー!悪寒((((;゚Д゚))))!)みたいな今の状況をどうにか安全に過ごし、無事健康な爪が伸びてくれるのをひたすら鬼待機、と。

で、で、でもねぇ…((((;゚Д゚))))果たして爪って、たとえ健康な子供でなかろうとも伸びてくれるんでしょうか!?!?!とかなりの不安に襲われるほど、右の小指も年始からいっこうに変化っつーものが何ら見られないような雰囲気なんすけど…?!?((((;゚Д゚))))←もうこの表情しかできないほどのENDLESS SHOCK®帝国劇場

ひとまずわたくし、この春夏のジェルネイルどころか普通のペディキュアならびにサンダル着用はすでに諦める旨、覚悟しております。あああ…ペディキュアなしのビーチサンダル…ありえない…号泣に次ぐ号泣。ま、ここまでキちゃってたら仕方ないんだけどさ…。

爪を守るべくソックスで保護して、愛する華奢なお靴の数々を今季は観賞用とし、幅広のスニーカーだけをわが友にすることをここに誓います。誰にだよ。

…なので、なので…!お願いですから健康な爪よきちんと生えて来て頂戴…(嗚咽)!

もうジェルネイル万年つけっぱなしにしないで、たまにはペディキュアとか何も塗らない期間も設けます…!ええ、もちろん金輪際、華奢なお靴で体力の限り浮かれて歩き回るような暴挙も致しません(嗚咽)!

…はあぁぁ…あとは鉄とカルシウムにたんぱく質かなー必要なのは…健康な日常とは失ってから初めて気付かされるとは本当によく言ったものですよ…!

薄くなってしまった全ての足指の爪にネイルオイルを塗布しつつ、嘆きの日々が続きそうです。毎年好天のGWあたり、調子乗りまくってサンダル履かないようにしないと…(念)!自戒の春よ…!

寝た子を起こしちゃなりませんて

春の訪れを感じられる陽気ですごく嬉しいです。が、うってかわってV6ファンの心中はドッシャ降りじゃなかろうか、と心中拝察するっつーより自らもまんまと…的な週末でした。

あわくって注文したかつてのV6ライブDVD2枚が、取り寄せできるのか何なのかすら進捗状況の音沙汰がないため(再び…avexやる気出して売りに売っとくれ!ニーズあんのよマジで!怒笑)、居ても立ってもいられずブックオフへ爆走。

取り急ぎその日わたしが足を運んだ、わりと大型店舗では見事にV6の棚がスッカスカ\(^o^)/単なる偶然かも知れませんが”うっ…同好の士がすでにやりよったな…”と、皆同じことを思うのね~♡感により、着用していたマスクの下でひとりニヤニヤ笑っていた不審者、それがわたしです。マスク着用中で良かったとこれほどまでに思った場面、そうそうないね。

まーたご丁寧にそのお店ってば、”ジャニーズ”とか”K-POP”とか、ジャンル別に陳列してくださってるわけですよ…完全に各種ヲタを生け捕りする気で来てるなこりゃ。気を引き締めねば!

V6コーナーは見事にスッカラカンですから、わたしが注文した昔のDVDなんてあるわけないやね残念残念…と、文庫本フロアに移動すべく近隣の棚に目をやると、既視感のあるDVDジャケットと目が合いました。アレ…どこかでお会いしましたっけ…?嗚呼、在りし日のKAT-TUNがそこには…orz

フラフラ吸い寄せられ手に取りますと、これ…このライブね…仕事早退してまで東京ドーム行ったんだわ…(震)!かろうじて残存するわずかなわが記憶…地団駄踏んで騒いだだけ…!((((;゚Д゚))))

『ドギャーーー仁♡!!!がっごいいーーー!死ぬーーー♡!殺してーーー♡!\(^o^)/』『こぉーーーきぃーーー♡!!!』とか公演中あまりに騒ぎすぎて、セトリどころか一切の記憶すら消失してたわ…と己のド発狂には驚愕しつつもこれまた超~ニマニマ。※くれぐれも注:単独行動です

棚に戻そうとした時、貼られていたラベルにわが両目が釘付け。USEDお値段・かつてのファン驚愕のUnder500円!!”ファッなんなんコレ!スタバのなんちゃらラテ一杯分以下?!?あんなに素晴らしいライブが!?!マジなめちゃってるありえない!!やっぱり今もう一回6人時代を見とけって天啓だわね!!”大いに錯乱したわたし、その足でレジ直行←えーっと…断捨離の概念よ一体いずこ?

まんまとヲタホイホイに引っかかり、V6弔いのはずがKAT-TUNに不時着…っていう狂気の沙汰。

ホクホク顔で帰宅し、さっそくフンフン鼻歌歌いつつライブ鑑賞するわたしを家族は遠巻きにしつつ、『これもV6の解散の余波?!ぜんっぜんグループ別じゃん!』、『キてんな相当…最近ようやくジャニヲタ濃度薄まってきた感じしてたのに…』、『無理だろ男闘呼組からだもん』とヒソヒソ。

一切のそれらを聞こえない振りしつつ”世界のJIN AKANISHIってば、この当時からカタコト英語を駆使なさって客席煽ってたのねーぇ”、”皆ギャーギャー天地揺るがす阿鼻叫喚っぷりで聞いちゃいなかったんだわなー…”と、15年ほど経過してから初めて気付く詳細には吹きまくり&月日は流れに流れたんだわねー…と、ここでもしみじみ痛感させられましたよ。

やっぱり見に行きたいときにリアルタイムで見ておかないとね!と、気持ちを新たにした次第。やっぱりこの時代・このお歌・このメンツじゃないとダメなワケよ!って意気込み自体をあらためて再確認しましたもの!わたしとて、今は仕事早退してドームへはそうそう行けないと思うものさすがに。←いやいやいや謙遜のつもり?!絶対行くでしょ\(^o^)/

寝た子を起こしちゃなりませんよね本当。これから半年間の自分がちょっと怖いです、今から。

♬未知の事~はじめよう♪♪

昨日V6解散&剛くん退所という文春バズーカむしろスカッドミサイルをもろに被弾しまして、その時こそ”えーショックーでも仕方ないよねー”と思ったものの、一夜明けボディーブローのごとく地味に、でも確実にダメージくらいはじめております…orz 

lab619.hatenablog.com

何に一番驚いたって、ネット記事に表記されている森田剛42三宅健41)このカッコ内の数字((((;゚Д゚))))!!そりゃそうだわな、言ってる自分一体いくつなワケよ?!?ってお話なんですけども。この自覚のなさ、そして時空をワープしがちな概念こそが純正独身者たるゆえんでありましょうや…(微笑)。

四半世紀もの間、たえずワーキャーしつつされつつ、皆それぞれが価値観も人生も変化していくものですね。わたしたちだって転職するわけで、そりゃあ彼らとてターニングポイントを迎えたって何らおかしくなく、何ら異論はございませんよ。

た、ただ…変わらずそこにある/いるものだ、と思いこんでいる存在って身近にありませんか?もしかしたら当時、エナジー全開!血眼!状態でV6を追っかけまくっていたかつてのティーンネイジャーにとって、それは彼らだったのかもしれない…と気付いてしまった次第。そう思うと自分自身の四半世紀も重なって、妙にしみじみしてくるものです。

うーん、今となっちゃV6ファンクラブ会員が周囲に誰一人いないんだよなーくっそー薄情者どもめ…(ってお前もだっつーの!爆)!解散前にお別れコンサートがあるならば(そこはデビューと同じ代々木でひとつ頼んまっせ☆!)ハンカチ片手に馳せ参じたいところだけど、今さらノコノコ出て来たわたしのような一般どもが果たして取れるのかなー。否だろうよ…。

…ということで(?)かつて断捨離して一度手放してしまったデビュー直後、1996年お正月の代々木ライブDVDと、何度も何度も同じ公演をまさしく半狂乱トランス状態で横浜アリーナへ通いつめ、セトリ暗記した…という1998年夏のライブのDVDの二枚…。これらをですね、わたくし本日謹んで注文いたしました(微笑)。

在庫なしのメーカー注文品ゆえ、実際購入できるかどうかは謎なのだとか。いやいやいや頼むよ本当。エイベックスも事務所も、X-DAYこと11.1までのこの半年が稼ぎ時でっせ。わたしみたいなかつての古参ヲタの出戻りだって大いに見込まれるのですから、ちゃんとご用意なさってくださいませよ(睨)。

ただでさえ”はぁ!?この歌シングルカットしないの?!まじで担当マーケどうかしてるぜ…”って四半世紀前に憤慨してましたものでねぇ: 

lab619.hatenablog.com

lab619.hatenablog.com

わたしゃ未だに嘆きますよ(おっと民話か語り部か…)。1996年当時avexのマーケ担当チームって、V6のこと好きじゃなかったワケ?!だってさー?このお歌(※くれぐれも注:MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~)シングルカットでバシバシ売らないで、一体何を売る気でいたワケ?!あぁ↑?!って怨嗟を…。何もこれ、わたしだけじゃなくって当時の強火ヲタの総意だったはず(さほどフォローになってない♡)!

われながら度重なる半端ない大クレームっぷりには戦慄を禁じえませんが(笑)、そこまでの執念見せたくなるほど、いっそ社歌認定でも何らおかしくないぐらい良き歌なんだっつーの!ジュニアにワイワイ歌わせてる次元じゃないほどの大傑作だったんだってば!

フー(溜息)。っとにねー、時が流れてavexもお商売がアレな昨今、たたでさえ腹くくってやらにゃアカンわいのぅ、いっちょ本気見せてくださいよ。マーケがんばってよね。本当に最後の最後なんですから頼んだよ!

常日頃、年下の同僚に送る仕事メールのような締め方で、ここにも四半世紀の年月の流れを感じざるをえません。そんなイチOLも、X-DAYまでの間は1995年・V6デビュー当時の火力が再び着火しそうです。DVD買えますようにー。